6月4日(月)山下公園

hikawa01
スケッチ日和のこの時期、
梅雨入り前にできるだけ描いとこうとチャリでブラブラ。
中華街をぬけて山下公園へ。
ボーッと海を眺め横浜のシンボルを描く。
一時は、廃船にする話もあった氷川丸
初めて乗ったのはいつだったかなぁ…。

h02
描いてると観光客のオバちゃんたちが
目の前に立ち話し始めた。
移動するのをしばし待つ。

h00
できた。

h03
みなとみらい方向に目をやると
梅雨が近いことをおしえてくれるような空模様。







テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

tag : 山下公園 氷川丸

5月22日(火) 横浜本牧 MOON EYES

moon01

moon02

このところの陽気がいいスケッチ日和。
チャリを駆って本牧へ。
かつてのフェンスの向こうのアメリカがあった頃の
本牧を彷彿させるMOON。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ことし2月にアップした記事
m04

honmoku
山手警察署の向かい、いまジョナサンがあるところ。
FB『憧れのまち 本牧』より
https://www.facebook.com/hommoku.yokohama/

エリア1

moon
ハマ柴『そらの日記』より


テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

tag : 本牧 mooneyes

5月吉日 横浜市民ヨットハーバー

スケッチブック
愛犬そらの散歩スポット。

チャリ
チャリ散歩のアイテム。
045がマークの横濱帆布鞄、
気に入ってます。


働く船


。。。。。。。。。。。。
ハマ柴そらの日記』より

2014年
2014年11月

201501
2015年1月

sora
2016年2月

テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

tag : ハマ柴 横浜市民ヨットハーバー

5月3日(木・祝)横浜吉田町まちじゅうビアガーデン

yoshida

世間はゴールデンウィーク。
会社勤めから足を洗った身としては感動が薄い。
傘マークが出ていた天気予報は外れたようで
スケッチブック抱えてチャリ散歩に。
どこで描こうかと伊勢佐木からぷらぷらと
まちじゅうビアガーデンでにぎわう吉田町へ。
一番奥のステージから懐かしいキャロルの曲が聴こえてきた。
革ジャンにリーゼントの男子、
ポニーテールにヒラヒラのスカート、
スカジャンの女子たちが
ステップを踏んでいた。
しばらく楽しんで都橋を渡って野毛へ。
旧バラ荘の前を通りかかるとドアの向こうから
マスターSさんの呼び止める声が…、
ビールを一杯いただきながら
このバラ荘の長~い歴史のひとかけらを聞いた。

ばんど

みやこ

とこや

ばら


テーマ : 神奈川県
ジャンル : 地域情報

tag : 野毛 都橋商店街 吉田町

4月22日(日)横浜 野毛『旧バラ荘』

00
昨日今日と野毛で大道芸
久しぶりに旧バラ荘へ。
露店では客寄せの声が飛びかい
通りにいっぱいの人をかき分けながら
店の中へ入る。
助っ人のSちゃんがカウンターをフォロー。
01

02

ちょうど描き終わったタイミングで大道芸も終了。
片付けが始まった。

。。。。。。。。。。。。。。。
【バラ荘スケッチ】
かつて足繁く野毛呑みしてた頃は、
カウンターでスケッチをよく描いた。
ほどよく酔いがまわるとエンピツがよく走る。
1210
(2012年10月)

1211
(2012年11月)

13100
(2013年10月)

1402
(2014年2月)

1506
(2015年6月)

1606
(2016年6月)

。。。いろんな出会いもあった。。。
kikuta
野毛のゴッホ、KIKUTAさん)

hagemaru
(横浜の路地を撮り歩くのんべいのHISANOさん

okubo
(バンドネオンのOKUBOさん、ギタリストのOZAWAさん)

nishihama
(ギタリストのNISHIHAMAさん)

。。。。。。。。。。。。。。。
2011
好きなスケッチの一枚です。

buraritabi
『ぶらり旅 いい酒 いい肴』2014年10月放送
この番組のスタートシーンでスケッチも映っていました。








テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

tag : 野毛 旧バラ荘 野毛大道芸

4月16日(月)都橋商店街

miyakobashi

大岡川から眺める都橋商店街
かつて深夜まで野毛呑みでハシゴしていた頃は
ここのどこかで〆めていた。
夕暮れ時ここに立つと当時を思い出し
今はもういないマスターママたちの顔がうかんでくる。

。。。。。。。。。。。。。。。
都橋商店街の思い出】
野毛に通い始めた頃、
ここ都橋商店街あたりはほとんど人気がなく
時間が止まったままの不気味な異空間に見え、
とても一人じゃ近づけなかった。

くつやさん
2009年7月
まだ靴屋さん健在の頃。
平成の怪物松坂が横浜高校時代に
ここに靴を買いに来てた。

マキ
2010年10月
川からの景色とは一変する。

hanami
(2011年4月)
大岡川沿いに桜が咲く頃、
缶ビール片手の花見客でにぎわう。

夕焼け
(2012年12月)
店の明かりが灯り始める頃の
都橋からの夕焼け空が綺麗だった。

あどまsenaka
2012年12月1日放送 アド街ック天国
いま思えば懐かしい。
ずっと昔のことみたいに感じる。

2013中通り
(2013年8月)
男前女子が始めた一軒の焼鳥屋が流れを変えた。
この頃から、少しづつ人通りが増え始めた。

maturi
(2017年8月)
夏祭り。

テーマ : 神奈川県
ジャンル : 地域情報

tag : 野毛 都橋商店街

4月12日(木)渋谷

こうさてん
かつて勤めていた会社が、
この春、引っ越した。
久しぶりに広告チーム女子とランチの後、
新しいオフィスを訪ねる。
エレベーターを降りると
慣れ親しんだロゴマークが迎えてくれる。
ガラス張りの会議室にはセンスのいいチェアが並び
制作室のデスク、チェア、なにもかもがピッカピカ。
それまでのインターネット環境には
不適合な配線だらけの旧いビル、
使い込まれ過ぎたズチールデスク、
あちこちに資料が山積みされていた環境からは激変。

すけっち
渋谷へ来たらここは素通りできない。
まだ午後2時半、
『鳥福』『やさいや』は仕込みを始めていた。

shibulog





。。。。。。。。。。。。。。。。。

しゅうごう
のんべいスケッチの起点となった2軒の店。
横浜野毛のWと、渋谷のんべい横丁のS。t
先日、亡くなったSのママの2周忌で常連が集まった。
あっという間に2年が経った。




テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : のんべい横丁 野毛

吉日 横浜 野毛『石松』

ishimatsu

オヤジたちの井戸端会議は
開店と同時に開かれる。


かつて野毛に足繁く通っていた頃、
桜木町の改札を出ると野毛ちかみちに降りて
ここ『石松』を横目で見ながら
馴染みの店を目指していた。

渋谷で仕事を終えて横浜に戻り
わざわざ通路のようなところで立って呑むのは…と、
呑まず嫌いの時間が長~くあった。
このところのYOSHIとの野毛呑みは
ここがスタート地点となった。

初めて食べたアジフライの記憶はいまでも舌に残ってる。
のんべい横丁つながりの呑み友から
ここの刺身はレベルが高いと聞いていた。
たしかに刺身はなにを食ってもネタがいい、ハズレがない。

画像検索
のんべいスケッチ』で画像検索すると
スケッチがどっとでてきます。

テーマ : 神奈川県
ジャンル : 地域情報

tag : 野毛 のんべい横丁

男はつらいよ第15作『寅次郎相合い傘』

男はつらいよ』シリーズの中でもこの第15作は濃い。
いくつもの見せ場がある。
第11作『 寅次郎忘れな草 』で出会った歌手のリリー
2年ぶりに函館の屋台で再会し
謙次郎(船越英二)との三人で珍道中から話が始まる。
kaigan
沈む夕陽をバックに海岸ではしゃぐ。
かつての青春ドラマを彷彿させる。

駅舎
あり金はたいて呑み食いしたあと
駅舎で一夜を過ごし、朝を迎える。
鉢巻しめてウォーミングアップの寅さん
パジャマ姿で歯を磨く謙次郎、
ブラシで髪をとかすリリー
それぞれの身支度に日常感が出ている。
函館本線の木造駅舎がいい。

札幌
札幌大通り公園で三人がひと芝居うつ。
勤めていた万年筆工場から
退職金代わりにもらった万年筆を売る男を謙次郎。
それを知って同情する夫婦が寅さんリリー
三人の役者ぶりに笑わされる。

荷馬車
北海道らしい
どこまでも続く青い空、
遠くまで見渡せるのどかな風景の中、
荷馬車にゆられてのんびりと進む。


otaru
謙次郎が30年の時を経て
小樽に住む初恋の人(信子)を訪ねる。
やっとみつけた信子の営む喫茶店へ入るも
一瞥もしない信子にいたたまれなくなり店を出る。
店に忘れたカバンを取りに戻ると…。


ステージ
リリーを不憫に思った寅さん
リリー夢の舞台をとらやのみんなに身ぶり手ぶりで語り、歌う。
思わずみんながリリーを思い浮かべてうっとり聴き入る。
ひとしきり話し終えて背中を向けた寅さんが呟く。
「いくら気の強いあいつだって、きっと泣くよ」
その寅さんの背中に、泣かされる。

「宣伝します。」。。。。。。。
寅さんが好きで、鉄道もそこそこ好きで、
縁あって挿絵が2点掲載されています。

表1

旅と鉄道2018年増刊4月号
寅さんの鉄道旅 人情と聖地巡礼編


傘

傘
とらやでの団らん、
いつものように騒動が起こる。
リリーと今作中、2回目の大喧嘩。
マドンナをこれだけ罵り、大喧嘩したのはリリーだけ。
その日の夜、降り出した雨の中、
さくらに促されて素直になれないまま、
リリーを柴又駅まで迎えにいく寅さん。
相合い傘で商店街を歩きながらまったりと仲直り。
第15作のクライマックス。

ホームを歩く

駅

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

tag : 男はつらいよ 寅さん リリー 柴又

吉日 渋谷のんべい横丁

マスター
(のんべい横丁に雪が降った夜のマスターFさん)

先日、予定していたイベントに向けて
準備を整えて、いざ電車に乗った。
横浜から都内へ向かう車中、
だんだんと目的地に向かう気持ちが萎えてきた。
一駅、一駅と過ぎていくうちに
そのモヤモヤとした気分が
きょうは止めようという!という決意に変わり、
そのうち久しぶりにのんべい横丁へ行こうという思いが固まったら
すっかり霧も晴れ、渋谷の町へ着いた。
かつて通い詰めた馴染みの店の引き戸を
ワクワクしながら開けた。
マスターFさんが、カウンターにいた初対面の女性をさして
岡山出身だとおしえてくれた。
「私も岡山です」
「岡山のどこですか?」から二人の県人会になり
なんと、彼女のお父さんと私の高校時代の親友のYが
かつて同じ職場の同僚で仲良しだったとわかった。
「子どもの頃、Yさんがよく晩ごはんを食べに来てました」
「赤ちゃんのとき、オムツも替えてもらってたと思います」
世間は狭い。というよりも
予定をキャンセルしてまでも
なにかに引き寄せられるようにここへ来た。





テーマ : 最近の出来事
ジャンル : 日記

tag : のんべい横丁

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks