FC2ブログ

10月29日 倉敷 『 新粹 』

しんすい

久しぶりに弟と二人で呑む。
故郷とはいえ、情報がほとんどない。

以前、酒場の哲人 太田和彦氏の番組の第一回放送が
なんと倉敷の2軒の酒場だった。
そうちのひとつ民芸茶屋『新粹』に。
美観地区から歩いて阿智神社方面へ向かう。
倉敷らしい旧い商家の佇まいが並ぶエリア。
右に森田酒造、左に吉井旅館、その並びに赤提灯が灯る。

縄のれんをくぐり入ると木造の落ち着いた設えに
心地いい静寂とずっと居たくなるような安心感。
風格のある板前さんが黙々と刺身を切っていた。
神事のようなその包丁さばきを見てるだけでも呑める。

まま

あら

とりあえずビールとポテサラから日本酒へ。
酒は地元でも信頼度の高い森田酒造
万年雪 超辛口『激辛』900mlボトルを一本に
炙って酢でしめた瀬戸内名物のママカリ、
鯛のあら煮、茄子の田楽、めばるの唐揚げをアテに呑んだ。
とにかく献立が豊富で
シメの雑炊、うどん、丼、
アイスクリームまで揃っている。
地元倉敷にこんな店があったんだと
店を出て兄弟で絶賛した満足度の高い店。

。。。。。。。。。。
あとで知った情報として
大正8年に割烹旅館として創業。
醤油を一切使ってないおでん、
胡麻豆豊、まかないサラダなど
ここの名物メニューとのこと。


テーマ : 岡山県
ジャンル : 地域情報

tag : 倉敷 新粹 森田酒造

10月28日-30日 倉敷ー2

スケッチ001
週一回、柔道場へ通っていた小4の頃、
この背景の阿智神社の階段を走って上がり下りしていた。

いらか

旧国道2号線沿いに一軒のお菓子屋があった。
そこは小学校の同級生の家で
小3の頃、何度か遊びにいったことがあった。
私が転校してからは会うこともなくなり疎遠になっていた。
いつからか建物はなくなり、
帰省して前を通るたびにその頃を思い出していた。
ネットで検索してみると
それらしき存在が確認できたので探し訪ねることに。

そこは店舗と倉庫がひとつになった立派な社屋だった。
様子を窺ってそのまま帰るつもりだったけど、つい、
「きょうは社長、いらっしゃらないんですか」
奥さんらしき人に声をかけてしまった。
名前を訊かれたので、
「たぶん、言っても覚えてないと思います」

しばらくすると白髪の紳士が目の前に現れ、
開口一番、私の名前を呼んだ。
私もそれに応えるように彼の名前を呼んだ。
50数年ぶりの再会だった。
他所であっても絶対わからないくらい
お互い別人になっていた。
風貌のどこかに当時の面影を探しながら
オジさん同士が見つめあい昔話と近況を語り合った。



まんじゅう
かつて倉敷市民のソウルフード的存在だった、
ふうまんという今川焼の店が2軒あって、今も続くもう一軒がここのえびすまんじゅう


01
ニッパーたちが迎えてくれる骨董屋

テーマ : 岡山県
ジャンル : 地域情報

tag : 倉敷 えびすまんじゅう

10月28日-30日 倉敷-1

スケッチ003

ふね

一年ぶりの倉敷
スケッチを描いてると新郎新婦を乗せた船の
船頭の嫁入り唄が聞こえてきた。

04

自分が高校卒業まで過ごした倉敷
観光客の姿などほとんど見ることがなかったけど
山陽新幹線が岡山まで開通してからは、
一気に観光客が訪れ町は一変した。
ただし駅周辺、美観地区から一歩外へ出ると
当時のままの昭和の倉敷がある。

せんとう

02

まち

一番街(かつての千秋座通り)から
川西町、南町あたりをぶらぶらしてみた。
小さな町なので、ちょっと向きを変えると
あっという間に美観地区エリアにたどりつく。

05

03



テーマ : 岡山県
ジャンル : 地域情報

tag : 倉敷

11月某日

ebisu

岡山の名物といえば吉備団子。
倉敷の名物といえば…、むらすずめか。

子どもの頃、町へでるとおみやげとして買ってもらってたのが、ふうまん。
今川焼きのこと。
地方によってはいろんな呼び方があるようで
御座候もそのひとつ。
いま商店街にあるぶっかけうどんの店が
昔は誰もが知ってる、ふうまんの店だった。
当時、倉敷市民にとってはソウルフードとも言える
ポピュラーなおやつだった。
名前の由来は、ふうふうしながらほおばることから
ふうまんと呼ばれるようになったのか、と思う。

倉敷駅から美観地区へ行くには
駅前の広い通りをまっすぐ国際ホテルの方へ向かう道と
もうひとつ商店街をくねくねと楽しみながら行くコースがある。
その商店街コースをしばらく歩き鶴形山への上る手前に今川焼きの店がある。
えびす通り商店街からあやかって名付けたのか、『えびす饅頭』。
ここも物心ついた頃からすでにあった。
ただし残念ながら、子どもの頃はふうまん一筋で、
えびす饅頭はいまだに食ったことがない。
スケッチを描くにあたっては取材すべきだった。
こんどちゃんと食って、お店の方と話をしてみたい。

大原美術館スケッチ
中国画材でスケッチブックと極太エンピツを買った。

そうじ

船頭

新郎新婦
雨が似合う町。

スケッチおじさん
スケッチの準備をしてこなかった。

露天商

デパート
いい感じの横丁がある。

Gパン
ジーンズストリートというよりもシャッターストリート。

かぼちゃ影です
フェリーで直島へ。
雑音が一切なく、
瀬戸内の穏やかな波音だけがBGM。
時間がゆっくりと流れていた。


続きを読む

テーマ : 倉敷市
ジャンル : 地域情報

tag : 倉敷

10月26日(水)倉敷『和楽』

わらく

一年に一度の帰省。
2泊3日で故郷倉敷へ。
久しぶりに、中学校の同級生と呑み。
老松町の居酒屋で待ち合わせる。
昭和感たっぷりの旧いビルの一角に
赤ちょうちんがゆれる『和楽』
暖簾をくぐり引き戸を開けると
見おぼえのある懐かしい顔が並んでいた。
それぞれの面を推理するかのように
眺めながらテーブル席に着く。

どうきゅうせい
yama◯◯、hara◯◯、kuma◯◯とshira◯◯の4人。
なんと、47年ぶり。
過ぎた年月の時計を戻しながら
風貌をしげしげと検証。
みんないい感じで歳くってる、乾杯!
積もる話をひとつひとつ荷をおろすように話していく。
1杯2杯と呑んでいくうちにだんだんと
中学生の頃にもどっていく。
結局、それぞれ人としてのスタイルは変わってない、
当時のまんま。
「ikedaくん、これ食べねぇ」
懐かしい岡山訛りで女子に云われるとどこか和む。
また出てくる料理がうまい。
ふとカウンター越しに店主を見た…。
一瞬、息が止まる。
えーッ!matsu◯◯!と思わず叫んでしまった。
ここは同級生matsu◯◯の店だった。
そぉいえばmatsu◯◯は倉敷の老舗ホテルで
コックとして勤めていると昔聞いてた。

しょうちゅう
kuma◯◯のキープしてあったとっておきの焼酎を呑みながら
ここ何年かの同窓会の写真を見せてもらった。
中学生だった坊主頭の男子たちはいいおじさんになり、
おかっぱ女子たちは青虫が蝶に変身するように
歳がかさんで風格というか味というか、
いい感じに仕上がってる。
もしかしたら甘いも酸いも噛み分けた
この50代から60代のいまが、
人生でいちばんいい時期なのかと思えた。

かっぱ
『和楽』をでたあと帰省のたびに寄る『Kappa Records』と
ピエロ』で呑んで帰った。

。。。。。。。。。。。。。。。
【倉敷スナップ】
帰省のたびに様変わりする町並み。
昔の面影はなくなった分、少々さびしいけど
いま、観光客の気分でけっこう楽しめる。
かわにしまちかいかん

しんすけ
しんすけ、見つけた。

いちばんがいきたぐち

いちばんがいみなみぐち




テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

2016年 正月休み

◎12月31日 (木)
夕刻、倉敷着。
高1のとき、初めて女子と歩いたこのあたり。
観光客などほとんどいない頃。
いまは観光客の気分で歩く。

倉敷川
(倉敷美観地区)

今まで年末年始は
母親といっしょに横浜で過ごしていたけど
いまはできなくなり、ここんとこ3年続けて
新年は故郷で迎えてる。
年に一度しかできてない親へのあいさつ。
ことしの大晦日の吞みも
3年連続で、Kappa Recordsで〆る。

kappa
(Kappa Records)


。。。。。。。。。。。。。

◎1月2日(土)
倉敷からクルマで津山へ向かい
親戚宅に挨拶のあと
一度行きたいと思ってた場所へ。

ホーム

駅正面

駅構内

男はつらいよ』最終作は
ここでのシーンから始まる。
(JR因美線 美作滝尾駅)

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

tag : 男はつらいよ

12月31日 倉敷『Kappa Records』

くらしき

帰省初日。
久しぶりに弟と二人、えびす通りの居酒屋で吞んだ後の2軒め。
一番街を歩いてると昭和を見つけた。
ガラスの引き戸を開けて
「ここはなんなんですか?」と失礼ながら訊くと
「…、カ フ ェ …」少し間を置いてマスターのkappaさんが応えてくれた。
お酒も吞めるということで
とりあえずソファー席につく。
大晦日とあって他に客はいない店内に、常連が一人やってきた。
いっしょに話してるうちに弟とは同学年、しかも中学校はH中、
こちら兄弟はK中、
「○○○○、知っとる?」
「○○○○は○○○○の連れじゃけぇ…」
懐かしいローカル的ワル話になり、
いろんな名前が飛び交い、昔話に弾みがつく。
そこへぽつりぽつりと客がやってきて
井戸端サロンになった。
紅白にチャンネルをいっさい合わせることなく
井岡のボクシングをテレビ観戦しながら
倉敷の昔話を肴に吞む。
思いもかけない展開の大晦日の夜だった。

※弟の世代のK中は、割れてない窓ガラスなどなかったと云われたくらいの状況だった。


1231
10年くらい空き家だった老舗の和菓子屋を2年前にリフォームした『kappa records 』
マスターのkappaさん、ロックバンド カラカラを率いるミュージシャンで
地元のインディーズ系のミュージシャンのプロデュースもしている。

続きを読む

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

9月29日(土)倉敷『ピエロ』

ピエロ

「やっちゅもねぇ」
「ちばけなぁ」

久しぶりに耳にした岡山弁。

家の用事で、1年ぶりに倉敷へ1泊2日で帰省。
弟と二人で居酒屋で呑んで2軒め、バー『ピエロ』へ。
じつはここのマスター、
高校の先輩だということは以前から聞いてて
なかなか来る機会がいままでなかった。

マスターを中心にみんなが語り合える
U字型のカウンターに
常連らしき気のいい男女が
岡山弁で、面白可笑しく話していた。
ふつうの会話なんだろうけど久しぶりの岡山弁の
独特の言い回しや方言が可笑しくもあり、懐かしい。
自分も40年前まではつかっていた言葉づかいも
けっこう忘れていて新鮮に感じた。
東京の人が初めて大阪の町で関西弁を聞くのに近い感覚。
話しの輪に混ざって
マスターのヤンチャ話から
北中、東中、西中、どこの中学がいちばんワルかったとか…
地元のサロンだからこそ話せるローカル話題で盛り上がった。

※やっちゅもねぇ:つまらん
 ちばけな:ふざけんな


続きを読む

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

9月18日(日)倉敷-3

北の蔵入口

久しぶりに弟と二人で
居酒屋で呑むことに。
なんで倉敷に『北の蔵』か、
名前の由来は聞かなかったけど
倉敷の町にぴったりの
蔵をニューアルした造りの店。
細い入口から路地を通って中へ入ると
高い天井には梁がめぐらされていて
開放感もありテーブル席はゆったり寛げる。

北の蔵店内

地元倉敷の地酒、雄町米でつくった『燦然』を初めて呑む。
さっぱりとした呑みやすい酒。
刺身も旨い。
ここ、雰囲気、飲み食いともにいいです。

たまにしか会わない兄弟で呑むと
ほとんど家族、親戚の話題になる。
みんな歳とったなぁ…、と
言葉にはしないけど、おたがい思いは同じ。
静かに時間が流れる。




テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

9月18日(日)倉敷-2

艀
(昔の日活映画で観た小林旭や赤木圭一郎が
 艀からスタッと降りてきそうな雰囲気の水島港付近)

倉敷にはもうひとつの顔がある。
遠方からやってくる観光客にとって
倉敷のイメージは
町全体に蔵屋敷が連なってると思ってる。
じつは美観地区のほんの一角ぐらいしかない。

倉敷には水島という川鉄、三菱自工などの製鉄所、自動車工場や
石油コンビナートを抱えた臨海工業地帯がある。
久しぶりに水島を車でドライブする。
だだっ広い道には
休日だからか人の気配がない。

ツタにびっしり覆われた廃墟のレストラン。
錆びついたシャッターが降りたままの商店。
残念ながら話には聞いてたけど
いまはすっかり寂れていた。

昔々は、活気があって
繁華街は倉敷駅周辺よりもずっとにぎやかで
帰省すると水島の友人宅で麻雀をしたあとは
パチンコして、スナックいく。
という展開があった。
また、勇敢なヤツはおとなり広島の福山や
瀬戸内海を渡って高松へも足を伸ばして
遊んでいた。



テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

tag : 倉敷 水島

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツがあれば、
人を描く。町を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks