FC2ブログ

5月31日(水)『まるでいつもの夜みたいに』

高田

高田渡、2005年3月27日、
高円寺の居酒屋での東京ラストライブのドキュメント。
『まるでいつもの夜みたいに』
102席の小さな映画館だから、
ライブ会場の最前列にいるように
高田渡を感じた。

高田渡、自衛隊に入ろう、自転車にのって、
高校生の頃、活字では知ってたけど
聴くこともなく、興味もなく長い間過ごした。
歳とって盆栽に関心が向かうように
晩年になってから聴き込み、惹かれた。
残念ながらタカダワタル的は観てないけど。
TBSのニュース番組だったか、
自宅アパートで筑紫哲也との対談で
どこか小市民的な高田渡が面白かった。

『仕事探し』から始まり『失業手当』『アイスクリーム』
曲の合間のしゃべりに館内の客も笑わされる。
寄席で噺家の小話を聴いてるみたいだ。
なかでも愛犬家どうしの会話があるあるで面白い。
朴訥な語りの中に本音がキラリと光る。
時おり放つ憤りのような
強いピッキングがそれを語っていた。

いつもラストは『生活の柄』で終わるんだけど、
もぉ飽きた。
もっと行き場のない曲でと『夕暮れ』を歌う。
〜自分の場所からはみだしてしまった〜♪
詩がしみる。
このライブの3週間後、
高田渡は旅立った。

ポスター
(2017年_5月31日_横浜シネマリン)




テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

tag : 高田渡

6月30日(木)『或る終焉』

あるしゅうえん

ポスターから受ける印象で、
最初の患者サラとの心の交流が
この映画の主軸になるのかと想像していたら
あっという間にサラはいなくなり、
つぎの患者との話しになった。

これが介護の現実なのかと思わせる
ドキュメンタリー的な生々しいシーンを見せられる。
現実はもっと深刻なのかもしれないけど。
看護師デヴィッド(ティム・ロス)が
黙々と仕事をこなしていく。
孤独に思い悩む間、患者と寡黙に過ごす間、
その沈黙の間が、この映画に厚みをもたせている。
油断してると見逃してしまう、
不意打ちをくらうような予想もしない結末。
それも一つの終焉か。


あるポスター
(2016年6月30日 Bunkamura ル・シネマ1)
或る終焉











テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

tag : 或る終焉

6月8日(水)『グランドフィナーレ』

ふぃなーれ

人生の幕をどう引くか。
ときどき妄想しながら
考える歳になった。

朝、小便が勢いよく出た出ないで
喜び笑い合う歳になった永いつきあいの
音楽家/フレッドと映画プロデューサー/ミック。
朝勃ちも久しくなくなった男二人が
昔の女を語り合う。
歳食っても男同士の話題は変わらない。

「なんだ?」
「神だ」

大浴場でくつろいでるところへ
宿泊客の女がやってくる。
その裸体を見た二人の会話。
生きててよかった、
男に生まれてよかったと
思わせるシーン。

ミックを往年の女優が訪ねてくる。
なんと、ジェーンフォンダ姐さん、生きてたのか…。
濃厚メイクで存在感たっぷりの
大阪のオバちゃん的な登場。
あの『世にも怪奇な物語』で魅せた
颯爽とした騎士の姿には
日本の女優にない強烈なセクシーさを感じた。
当時、中学生。

シーンのほとんどが
アルプスを望む高級リゾートホテル。
自然の光、風の音、流れる音楽、
観てるこちらまでもそこに滞在してる気分になる。
そこでの流れる時間が心地よかった。


はんけん
(2016年6月8日 Bunkamura ル・シネマ1)
『グランドフィナーレ』








テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

4月14日(木)『バンクシー・ダズ・ニューヨーク 』渋谷 UP LINK

バンクシーって知ってる?」
吞み友Yちゃんから訊かれた。
案内されたのは
日本で一番小さな映画館と云われる『 UP LINK
この異空間に初めて足を踏み入れた。
中に入ると、まぁ狭い。
そこに熟睡できそうなソファーが並ぶ
まさに仮眠室のような設え。
渋谷に通って20年。
初めて知ったこの空間。
東急本店から少し歩いたとこに
こんな世界があったんだ…。

UPLINK

で、映画の方は
ストリート系アーティスト、バンクシーが
ニューヨークの街を1ヶ月間ゲリラで
だれの目にふれることもなく一日一点、作品を制作し
それを公式サイトで世間にメッセージする。
作品がどこに現れるかは予測できない。
ニューヨーカーたちがバンクシーを探せと
宝探しのようにして楽しむ。
見つけた幸運な奴はSNSで勝ち名乗りを上げ
壁にかかれた作品を手にするためには
ドリル、チェーンソーなどで壁ごとはがしてまでも手に入れる。
それをオークションにかける、それがまた高値で取引される。
映画としてはダイジェストをベタベタつないだ感じのドキュメンタリー。
その粗さが、ストリートアートのシズルを感じさせる。
こんな犯罪スレスレのことを赦すのは
ニューヨークの懐の深さなのか。

バンクシー自身が実験的に路上で
6千円で売った作品は、
いまや2、3千万円という評価額になってる。
アートへの価値って
なんなのか、改めて自問する。

上野の美術館で何時間もかけて並ぶ人たちのことをときどき思う。
(いま、若冲が2時間待ちとか聞くと)
ほんとにその作家の作品、そこまで好きなのか。




テーマ : ドキュメンタリー映画
ジャンル : 映画

tag : UPLINK

12月某日 横浜ニューテアトル 『ヨコハマメリー』

メリーさん2


映画は、渚ようこが唄う伊勢佐木町ブルースで始まった。
(青江三奈が歌ってヒットした。当時、小学生だったかなぁ。)

メリーさんだけでなく、
メリーさんにかかわるいろんな人たち。
そのひとたちの生き様に、迫力があった。
当時のヨコハマがみえた。

とくに、晩年のメリーさんを支えていたシャンソン歌手の元次郎さん、
その人自身のドキュメントも
重いものがあった。
(後になって聞いた話ではもともとは元次郎さんのドキュメントをつくる
ということで進行していたらしい。)

また、観客の中にメリーさんをはじめ
登場したその周辺の人たちをよく知ってるらしき
オバちゃんグループ(中には本人もいたかも)がいて
画面をみながらベラベラ何ごとかしゃべってるのが
ジャマだったんだけど、
それがメリーさんの存在を際立たせた。


最後に、元次郎さんが熱唱するところで
メリーさん本人の姿がでたときは、驚いた。
少し落胆に似た気持ちになった。
そして安堵にかわった。

昨年、
伝説のメリーさんは
ふつうの一人の女性に戻り
天国へ旅立った。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


(2011年3月2日 後記)

ヨコハマの町を描き撮り綴った
ブログを発見した。

はげまるのぶら~り日記
その中にメリーさんの若い頃の写真があった。














続きを読む

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツがあれば、
人を描く。町を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks