1月5日(火)新橋『鶏繁総本店/とりしげ』

とりしげ

ことしの初吞み。
久しぶりにJちゃんと新橋で待ち合わせ。
通りがかった烏森神社でお参りをして
おすすめの焼鳥屋があるんだと『鶏繁』へ誘う。
「ここの焼鳥が旨いんだぁ〜」
「ここ前に来たことある…」
「そぉ?…」
云われてみると2年くらい前に
Jちゃんを連れて来たような記憶が…。

個人的に新橋と云えば『羅生門』か、ここ『鶏繁総本店』
ささみ・レバー・砂肝・もも肉・だんご・手羽の
六本コースにボンチリを追加。
焼いてるのは若いスタッフながら、
なに食っても旨い。
炭火で焼き上がる焼鳥の煙と熱気に
あたりながら吞むのが醍醐味。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村





テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

9月吉日 新橋『鶏繁総本店』とりしげ

鶏繁


新橋、日本の元気の源がここにある。
イキイキとしたネクタイ姿のサラリーマンたちが行き交う。
1年ぶりに昔の先輩M藤さんと新橋で呑み。
カウンター席は人気で少々待たされた。

焼鳥って食べてるうちに飽きがくることがある。
結局、いろんな部位を食っても鶏は鶏。
でもここの焼鳥は食べ続けられる。
つくねが旨いのは前提として、皮が旨い。
皮って焼鳥の中でも位置づけが低いのか
旨いと感じる店が少ない。
ここのは皮を超えた味がある。
皮ってこんなに旨かったっけ…と思うほど。
旨い焼鳥は、呑んでる日本酒までが旨くなる。

年季の入った頑固そうな親父が焼いてるのかと思いきや
若いスタッフが丁寧に仕事をこなしていた。





テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : 鶏繁

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks