FC2ブログ

4月吉日 立石『宇ち多゛』


うちだ

下町酒場の聖地、立石。 

立石初体験の呑み仲間3人と立石のんべいツアーに。
王道、仲見世の『宇ち多゛』へ。
長い行列もさほど待つことなく
するすると前に進み、入店できた。
きょうが数年ぶりの2回め
のんべいたちは息がかかるくらいの距離で対面しながら
ただ黙々とストイックに呑み、食う。
酒場の喧騒はここにはない。
ペチャクチャはしゃいでるのは新参者の自分たちだけ。
テレビで見た永平寺の修行僧たちが
黙々と食事を摂るシーンを思い出す。

仲見世歩き
仲見世、宇ち多゛の行列に並ぶ。

うちだ店内
撮影禁止の店内でパチリ。(ごめんなさいもうしません)

うちだ煮込み
定番、梅割りともつ煮込み。

大田黒
自宅で毎朝、カレーをつくる OTAさん、安いッ!と鶏肉を購入。

。。。。。。。。。。。。

画像検索
のんべいスケッチ』で画像検索すると
スケッチがどっとでてきます。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村

。。。。。。。。。。。。

ハマ柴そらの日記
『4月のそら』
http://ameblo.jp/mizusumashibainu/
森林公園






テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : 立石 宇ち多

2月吉日 葛飾区立石『立石仲見世』


踏切

久しぶりの立石
京成立石駅を降りたとたん、
昭和好き商店街好き踏切好きとしては
この光景にワクワクしてくる。
遮断機が上がり、商店街へ。
揚げ物屋

仲見世入り口
興奮を抑えながら
仲見世へ一歩、一歩。
魚屋

ダイマル

麺匠

餃子

仲見世の一軒、一軒が
テーマパークのアトラクションのように映る。

行列
まだ午後3時を過ぎたばかりで
宇ち多゛はこの行列。

そば
立石に来たーッ!という気分で感極まり、
腹ごしらえに入った宇ち多゛の
となりの立喰いそば屋へ入るなり
「た、立喰いそばください」
勢いあまって思いきり噛んでしまった。
店主のおばちゃんに
「うちはそば屋だから…そばはありますよ」と笑われ、
常連客らしきおばちゃんからも失笑を買った。
うちだ出口

宇ち多゛の暖簾を横目に
『呑んべ横丁』へ向かう。



テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : 宇ち多 立石

  10月29日(木)葛飾区立石『宇ち多゛』

うちだ着色

江戸川区船堀で夕方からの打合せが終了。
駅前で渋谷のんべい横丁の呑み友S井さんとバッタリ会った。
流れに身を任せるように京成立石へ向かう。
この時間に会うように仕組まれてたのか…。
一度行ってみたいと思っていた『宇ち多゛』を目指す。
商店街、仲見世を歩いてたどり着いた。

暖簾を開けるとちょうどいいタイミングで
目の前に2人分の席が空いていた。
幸運にも行列に並ぶこともなく、
しかも特等席。
あの煮込みの大鍋の真ん前に座れた。

目の前で大将が煮込みをまわしてる。
絶好のスケッチポジション。
興奮を抑えながら、
見つからないようにこそこそと描く。
あまりのうれしさにエンピツが動かない。

気さくな大将が
大鍋から掬ってくれた煮込みは
いまさら、一見の自分がここで語ることもない。
ついもう一杯おかわりした。

ふと入口に目をやると
長い順番待ちの行列ができてる。
なにかの力が自分をここへ連れてきたように感じた。










続きを読む

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : のんべい横丁 宇ち多゛

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツがあれば、
人を描く。町を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks