FC2ブログ

中井精也のてつたび 『冬景色 日本海 』~山陰本線を行く~

中井精也てつたびおさらい
『冬景色 日本海 』~山陰本線を行く~

さんいんほんせん

京都、兵庫、鳥取、島根、山口と全長673.8kmの日本で一番長い路線、
山陰本線(京都ー幡生)を旅する。
まだ夜も明けぬ豊岡駅(兵庫)から
鉄道ファンの間ではタラコと呼ばれている
キハ40系の赤い電車に乗ってスタート。

柴山駅『柴山カニ』
早朝の柴山漁港に威勢のいい掛け声が響く。
ズワイガニの競りがおこなわれていた。
柴山で水揚げされる上質なズワイガニは柴山ガニと呼ばれ、
中でも大きなサイズのものは柴山ゴールドとして最高級品とされている。

鎧駅『鎧の袖』
天然記念物に指定されている鎧の袖という
断崖絶壁をバックに走る列車を撮る。

餘部駅『餘部鉄橋』
明治45年完成したかつての餘部鉄橋は
鉄道ファンにとっては聖地と呼ばれるほどの人気だったが
いまは架けかえられて旧橋は展望台になっている。

馬路駅『琴ヶ浜』
日本海の荒波越しに列車を撮る。
撮影ポイントの目の前に民宿があって
店主みずからもてなしてくれる。

米子駅『大山』
伯耆富士とも呼ばれる
雪を頂いた大山をバックに
雲が切れた瞬間に列車を撮る。

黒松駅『石州瓦』
潮風と寒さに強い石州瓦の
400年以上の歴史がある。
日本海をバックに
石州瓦の赤い甍と列車を撮る。

宇田郷駅『惣郷川橋梁』
波打ち際に立つ、昭和七年完成の惣郷川橋梁。
日没の時間と列車が通る時間がほぼ同じという
状況で撮れたこの奇跡の一枚は、
中井さんのてつたびを締めくくるにふさわしい絶景だった。

中井精也のてつたび/NHK BSプレミアム
https://www4.nhk.or.jp/tetsutabi/





テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

tag : 山陰本線 てつたび 中井精也

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツがあれば、
人を描く。町を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks