8月吉日 エディさん(横浜野毛)

エディさん

野毛をぶらりと歩き
なじみの店の前を通りかかると
ガラス越しにtomoちゃんと目と目が合った。
おいでおいでと催眠術をかけてるような手招きから逃げられず
吸い込まれるようにして店に入った。
カウンターの入口に近い席が
ひとつだけポツンと空いていた。

席に着き隣りをみると、
この人、どこかで見たことある…、
一瞬、お互いジッと見つめ合ってると
「どこかでお会いしましたっけ?」
のんべいさんから訊かれた。
(わかった、エディさんだ)

「いや、私の方はもちろんエディさんを知ってますが」
エディさんは私のことは知らないはずです」

野毛を歩いてると
大柄で目立つエディさんとは
たまにすれ違うことがあるくらいで
いままで話したことは一度もなかった。

共通の知り合いの話や
来月の野毛での個展の話を聞いてもらって
スケッチ用に写真を一枚いいですかとお願いすると
親指を立ててGood!のポーズ。
「ベロベロに酔っぱらってるんで」と云うわりには
しかも同行されてた友人と社会について
冷静な落ち着いた口調で話していた。
存在感たっぷりのエディ藩さん。


続きを読む

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : 山崎ハコ エディ藩

2月吉日 ハマのドラマー (横浜野毛 侘助にて)

すぎさん

ハマのドラマー。
元ゴールデンカップスの面々とは
いっしょにライブをこなすという会社員、SUGIさん。
顔でかい、体でかい、声もでかい。態度は…、
コンパスで描いたようなカタチのプリプリの笑顔で
呑み、食い、周りを楽しくさせる
歩くバイタリティのような御仁。
先輩のABEさんと『侘助』の囲炉裏席で呑んでる図。



続きを読む

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

2月吉日  ジョニーさん (横浜 都橋商店街 どんまい亭にて)

じょにーさん


艶やかなメイクに、花柄のコスチューム、
レザーのホットパンツに太腿まである黒のストッキング。
ロッキーホラーショーのステージから
そのまま降りてきたような出で立ち。
この界隈なら、ま珍しくもないか。
50代の女性、じゃなく、
オカマさんというわけでもない。
「女大好きだよッ!」
と豪語する50代の男、ジョニーさん。
3度の結婚の間、4人の子がいる。
胸のふくらみは昨年離婚した後に
施術したとのこと。
ここに書けないようなこともいっぱいあるようで
10代の頃は湘南あたりで、族の頭をやってた。
仕事は、お固い地味な仕事半分、
ギタリスト半分という、
いろんな意味で、一言じゃ語れない存在。
濃い。






テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

11月9日(金)はげまるさん/横浜野毛『旧バラ荘』

はげまる1109

「 はげまるさんが 来ますよ 」
マスターの相馬さんが小声で言った。

旧いYOKOHAMAの写真、
いまも残る横浜の昭和な佇まい、
若き日のメリーさんなど、
お宝写真の宝庫のようなブログに2、3年前に出会った。
はげまるのぶら〜り日記

ブログを読んでると
はげまるさんが野毛で呑み歩く店が
自分と何軒か重なってる。
そのうちバッタリ会う日が来ると思ってた。

きょう、その日が来た。
「初めまして…」と挨拶をした。

写真家でもあり、ミュージシャンでもある
はげまるさん、かっこいいハマのオヤジでした。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ハマ柴そらの日記』久々に更新。
http://ameblo.jp/mizusumashibainu/

そら








テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

4月21日(土)友人K

親友

大阪から友人が上京してきた。
親友を通り越して家族のような奴。

去年の9月に大阪で呑んで以来ひさしぶりに呑む。
顔をみれば呑むというぐらいいっしょに呑み続けてきた。
』『旧バラ荘』『日の出理容院』と野毛を案内して
〆は我が家で家呑み。

40年近いつきあいにもなれば
お互い髪も薄くなり、白くなりもしたけど
20代の頃と変わらない気分で呑み、話し、笑い合える。
ただ、話しの内容は
老いた親の話、大人になりつつある子どもの話、
病の話など相応の話題になる。

野毛0421

気のおけない奴と、
なんとかお互い無事に会うことができて
いっしょに酒が呑めることに
とりあえず感謝。

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : 日の出理容院

10月3日 ヨコハマ エリー

いつもの週末の野毛での呑みに、
のんべい横丁』メンバーの elly が参加。

野毛の大好きな隠れ家『侘助』から
王道の『福田フライ』
シメは都橋商店街の『Mr.ジョージ』
こんどこそ、シメとして『さつき』へ。

ellyが一軒、また一軒と、呑むごとに
ビジネスウーマンとして鍛えた社交力、話術で
野毛のママ、マスターと馴染んで
オヤジへと進化していった。

4コマ




テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

9月29日 waiさん(吉田町 隠れた名店にて)

まこと


土佐出身でコピーライターを生業とするwaiさん。
広尾にある広告制作会社に勤務。

28年前、東京へでて最初に勤めた銀座の広告制作会社での先輩。
当時、お互いまだ20代で、2人で、3人で、4人で、またグループで
下北沢を起点にして、よく呑んだ。
ときに教師であり、また反面教師でもあり、ぶつかったりしながら
お互いのかっこわるいとこを
よ~く知ってる長いつきあい。
週末、野毛の止まり木で羽根を休める時にかかせない人。

まず1軒め「隠れた名店」で、空きっ腹をなだめて、
久しぶりに「厘」へ。
3人の女性がそれぞれ役割を分担して快活に動いてる。
そこに惹かれておやじたちが群がる店。
肴が旨いだけでなく、日本酒の品揃えがいい。
酒呑みのママに常連さんが協力して、いろんな日本酒が店に並ぶ。
〆は、都橋商店街にある「明美」へ。
そのあとwaiさんは〆きれずに、
どうしても歌いたいと、よろけながらも「大仙」へ。







テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : 野毛

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
横浜野毛と渋谷のんべい横丁を
ホームグランドとして酒場スケッチしています。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks