8月吉日 横浜野毛『無頼船』

無頼
ジローさんが復帰したという話を聞き、
久しぶりに乗船。
夏仕様か、髪を短くカットした船長の元気な笑顔があった。
きょうのお通しはクジラの刺身。
客が席に着いてからつくるお通し、
和・洋・中なんでもアリで、
なにがでてくるかわからない、で、旨い。
お通しの旨い店は、なに食っても旨い。

「また、個展はやらないんですか」
「ぅ~んなんか…
 けっきょく呑み屋でのスケッチするしかないかと…」
昨年秋、Hana*Hanaでの個展のときは初日に
足を運んでくれたジローさん、感謝。

「野毛は狭いね…」
いい話も、わるい話も、あっという間に広がるね。
と野毛世間話をしながら
ちょっと作りすぎちゃった(ゴメン)…という2人前はあろうか
神保町さぼうるの大盛り並みのナポリタンを
赤ワイン、ギネス生をアテにしながら食う。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
カメラ片手にヨコハマを吞み歩く、
久野光男さんライブのお知らせ
ライブ
日時:9月24日(水)午後6時
会場:NHK横浜1階スタジオ

横浜の渋い空間散策日記
はげまるのぶら〜り日記
http://blog.goo.ne.jp/hagemarupika/e/648e67d97d90469ba599bfc0af9b78e1
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

6月吉日 横浜野毛 『無頼船』ライブ

ジローさん

yoshi野毛小路を歩きながら無頼船をのぞくと
きょうはライブだった。
その中にどこかでみた顔が…、


ジョニーさん

ジョニーさんだ。
ドブロギターを寝かしてチューニングしている。
以前、都橋商店街『どんまい亭』で会った。
ほんとにギタリストだったんだ、と確信。
コスチュームもメイクもあでやかで
しかも超ミニのスカートだった。

ミッキーカーチスのような渋いベーシストがリーダーのバンドが
懐かしい70年代から80年代の曲をやってくれた。
そしてラストは『横浜ホンキートンクブルース』。
この曲、本家エディ藩さんから、原田芳雄松田優作山崎ハコ…と
いろんなバージョンがある。
じつは、たまにカラオケで歌う。



テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : 野毛 都橋

2月吉日 野毛デビュー (横浜野毛 無頼船にて)

親子

野毛デビュー!
二人いっしょに外で呑むのが
きょうが初めてという父子。
野毛常連の若々しいお父さんが
野毛が初めてという20歳の息子さんを連れてやってきた。
長男と末っ子のような兄弟にも見える。
ミスター野毛の一人、ジローさんの店『無頼船』にて。
きょうは女性シンガーのライブだった。


続きを読む

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : 都橋商店街

5月19日(土) 横浜 野毛・都橋商店街

きょうは出勤することなく
地元での仕事。

横浜での仕事を5時頃に終えて
「軽く一杯…」と
仕事仲間を連れて野毛へ。

美女、酒、肴、三拍子揃った『厘』
ここのポテサラ好きです。
生をグビッグビッと
汗がひいたところで
酔鯨、浦霞、また生へ。

〆は久しぶりに『山荘』へ。
ダイキリ、マティーニ。
ここでお開きと時計を見ると
まだまだ宵の口。

無頼船02
(久しぶりの無頼船/ジローさん)

野毛散歩してるうちに
小腹が空きはじめたので『無頼船』へ。
ギネスの生に、ここの名物
ふわふわの赤いチャーシューを
はふはふといただく。

3軒めくらいになると自制心はゆるくなる。
というか、なくなる。
終電までにはまだ時間もあるし…。

ここで〆めようと『旧バラ荘』へ。
ハイボールを一杯。
このところ客が増えはじめて
相馬さんの表情にもやや余裕を感じた。
近々、相馬さんが継いでの2周年をやるとのこと。

じゃ、唄って〆めようかと
都橋商店街は『さつき』へ。
去年のボトルがまだあった!(感謝)素直にうれしい。
歌う空気ではなく常連さんたちと
男と女の話。

と久しぶりに野毛ハシゴ、5軒

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

10月29日(金)横浜野毛『無頼船』

ジローラーメン

どんまい亭』で桃蓮と合流。
旧バラ荘』で〆て終電でかえるつもりが
結局、も1軒。
ライブが終わったあとの『無頼船』へ。
ハロウィンということでセーラー服を着たジローさんと
カウンター席でいっしょにベロンベロン話してるうち
なにを思い立ったかスクッとたち上がり厨房に立ち、
さっきまで酩酊状態だったはずなのに
別人のようにシャキシャキと動き始めなにか作り始めた。
そのうち、どうだっ!喰ってみろ!と言わんばかりに
目の前に植木鉢のような大ぶりの丼がでてきた。
裏メニュー『無頼船ラーメン』。

ここもお通しからアテまでどれも旨い。
とくにちょっと甘めの赤い
ふわふわの厚切りチャーシューが旨い。
きょうのお通しはイワシの粕漬けだった。




テーマ : 本日の日記
ジャンル : 日記

9月24日(金)横浜野毛『無頼船』『パパジョン』

無頼船
【9月26日午後22時52分_無頼船】

野毛で一番にぎやかな
メインストリート『野毛小路』。
ここが野毛の客足のバロメーターになる。
サックスの音に釣られるように『無頼船』へ。
サックス×2、ギター×1、ボーカル×1の構成。
♩~エッブリッデイッ~エッブリッデイッ~♩
スピーカーボックスのような躯で
ふりしぼるようにシブくシャウトしてる図。

この頃、マスター、ジローさんの息子さんが店に出ている。
自分の周りもそろそろ世代交代が
ゆっくり始まりだしたのを感じる。



パパジョン
【9月27日午前0時35分_パパジョン】

日付も変わり、
『無頼船』の1軒おいて隣り『パパジョン』へ移動。
連続営業記録10000日を越えた鉄人の
先代パパから引き継いだKENちゃん。
いまは二代目パパとして
KENちゃんのスタイルができている。











テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

2月10日 横浜野毛『無頼船』

無頼0210
【2月10日午後8時51分_無頼船】

桃蓮yoshiと野毛呑み。
野毛小路にドクロの看板が輝く『無頼船』。

きょうのお通しはイワシの刺身。
人気メニューの一つ『赤いチャーシュー』を頼む。
厚切りでもふわっとして柔らかい。
しかもこの時間できたてで温かい。
マスターのジローさん手づくりの逸品。

yoshiにとっては飲食業での先輩格のジローさんに
いろいろ質問を混ぜながら商売の話しをしてるうちに
ジローさんが、じつはこんな酒も仕込んでるんだと
一升瓶をもってきてカウンターに並べた。
『ヘビ酒』だった。
なかには3種のヘビが層になってとぐろを巻いたモノあった。
「浸けて日が浅いのは、生臭いけど
何年か寝かすと臭みもなくなる。」と
いうことでよく浸かったのを1杯いただいた。
知らずに呑めばわからないくらいクセのない焼酎だった。


テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

6月22日(月)-1 横浜 野毛『無頼船』

先週末、1周年の会を終えた桃蓮yoshiと野毛へ。

0622無頼船

1軒目
野毛小路に海賊船のようなドクロの明かりが灯る『無頼船』。
無国籍というか、和・洋・中なんでもうまい。

マスターのジローさんが
一ヶ月前から入院してる話しを聞いた。




テーマ : 本日の日記
ジャンル : 日記

tag : 野毛

2月10日 横浜野毛『無頼船』

2月10日 横浜野毛『無頼船』

野毛小路にドクロの看板が目立つ。
久しぶりの『無頼船』。
はじめは野毛の人気店『亀ちゃん』の地下の店からからスタートして
いまは、ここ『パパジョン』のとなりに引っ越し、
合わせてほぼ30年。
名前のとおりランプの照明があったりして船室のイメージが漂う。
たいがい遅い時間にいくと、お酒がほどよくまわると
船上にいるのかのようにゆっくりとゆれながら
客をもてなしていたマスターのジローさん。
きょうはまだ時間も早いせいか
キビキビとマスターをやっていた。

きょうのお通しは鯵フライ。
ここのメニューは無国籍料理と看板にあるとおり
ハンバーグ、ナポリタン、チャーハン、生春巻きから焼き鳥まで
幅広くしっかりとした晩ごはんメニューが並ぶ。





テーマ : 本日の日記
ジャンル : 日記

tag : 野毛 無頼船

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
横浜『野毛』と渋谷『のんべい横丁』を
ホームグランドとして
のんべいな日々をスケッチしてます。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks