6月吉日 渋谷のんべい横丁『紫水』

紫水のみなさんへ お世話になりました。
大分でKさんと結婚します。」

わずか2坪に7人がやっと座れるくらいの小さな店で出合い、
結婚したカップルがここ『紫水』には3組いる。
そのうちの1組が、大分で暮らすK夫妻。
ある日突然、女子のMちゃんが
一通の伝言を残してから17年が経った。
当時、紫水の常連たちにとっては衝撃的なニュースだった。
その旦那のKちゃんが一人、久しぶりに上京し横丁へやってきた。
紫水2階の座敷で当時を懐かしみながら
ちゃぶ台を囲んで小さな同窓会になった。

nagashi



酔いもまわってきたところで突然、
ギターを抱いた女性が
傾斜のきいた狭い階段を上がってきた。
「おかゆです 流しやってます」
「お粥?」つい聞き直した。
北海道出身で本名のゆかからついた中学校の頃からのニックネーム。
唄うことが好きだった亡くなった母への思いを糧に
3年前から流しとして日本中を旅しているとのこと。
平成のおんなギターながし おかゆ
まだ20代なかばの女性がひとり酒場を訪ねて
酔っ払いを相手に唄う。
『柳ケ瀬ブルース』『朝日の当たる家』『石狩挽歌』と
メニュー表から3曲リクエスト。
歌い終えるとスマホをとりだし動画をみせてくれた。
由紀さおりの『素敵な音楽館』という番組で、
ゲストの美川憲一の前で柳ケ瀬ブルースを堂々熱唱してるシーン。
当の美川憲一からお墨付きをもらっていた。
また、『カラオケバトル』という番組でも
ちょいと知られた存在のようだ。

このところ都内の盛り場をはぐれ雲のように流れてるらしい。
いつか時が流れ、おかゆさんが歳を重ねていいかんじに仕上がった頃
どこかの酒場でばったり会ってみたい。

流し



テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : のんべい横丁 紫水 おんなギター流し

4月 一周忌

横丁

こののんべいスケッチの原点ともいえる、
一軒の店がある。
渋谷のんべい横丁紫水

渋谷の会社に入社してから
昨年退社するまでの20年間、
放課後の部活のような存在で、足繁く通いつめた。
ここで知り合った100人はゆうに超えるのんべい仲間たちと
定員7名、わずか2坪の小さな箱に身を寄せ合いながら
夜な夜な呑み、語り合い、酔っぱらった。
ここで過ごした時間のおかげで、
いまのじぶんがある。

集合写真

昨年4月、散り始めた桜に見送られるように旅立った、やす子ママ
あっという間に一年が経った。
そこで一周忌の呑み会が渋谷の居酒屋行われ、
のんべい仲間が集まった。

4人
この春、新たな一歩を踏み出す
若者4名の門出を祝った。


カラオケ
二次会は御用達のカラオケ屋さんへ。

。。。。。。。。。。。。

画像検索
のんべいスケッチ』で画像検索すると
スケッチがどっとでてきます。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村




テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : のんべい横丁 紫水

11月9日(水)渋谷のんべい横丁『紫水』

入口
久しぶりに『のんべい横丁』の提灯をみると
帰ってきたーッ!という感じ、里帰りしたような気分。
渋谷駅を降り、いまや外国人観光客の撮影スポットとなった
あのスクランブル交差点の雑踏さえも
どこか楽しくワクワクしてしまう。
暖簾をかき上げ、引戸をあけると馴染みの顔が一人。

いか
お通しのヤリイカの煮付けをつつきながら
きょうの日本酒、伏見の『玉乃光』を呑んでるところへ
また一人、二人…といつもの面々が
ぽつりぽつりと顔をそろえる。
わずか2坪になんとか定員7名。
きょうはそこへ9人、10人…とあふれて
ダークどころじゃない押しくらまんじゅう状態。
きょう決まったアメリカの大統領から
下世話な日常までの、のんべい談義。
人は、イチバンの肴

せなか
昨年秋、『紫水』の灯を復活させた
マスターFさん
一年が過ぎ、オリジナルメニューも充実してきた。
カラスミ
きょうの逸品、お手製『タラのからすみ』
ボラじゃなくタラでできないかと思い
作ってみたという。
大根のうす切りで挟んで食うからすみは
見た目、食感、ボラとおんなじ旨さ。
日本酒には海のものが合う。
この季節とりあえずビールじゃなく
始めから日本酒で、魚好きとしては
海のものをアテに呑むのがいい。

やす子ママが開いた
紫水』の団欒はいまでも健在。
しすい


。。。。。。。。。。。。
画像検索
のんべいスケッチ』で画像検索すると
スケッチがどっとでてきます。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村



テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : のんべい横丁 紫水

9月10日(土)送別会

渋谷のんべい横丁紫水』の 常連さんたちが開いてくれた送別会。 001 常連女子に囲まれた幸せな中、 A5ランクの牛肉をメインとした紫水オリジナルメニューを つつきながらワイン、日本酒とついつい呑み 席を立つ頃には、すっかり出来上がり…、 流れに身をまかせてよろよろと百軒店へ向かう。 003 003_20170519122833d17.jpg 百軒店に着き、いつものカラオケ屋さんのドアを開けたとたん 真っ暗な店内から突然パンッパンッとクラッカー音とともに「おつかれさまーッ」の歓声。 こんな展開が待っていたとは…。 しかもこれだけの面々が勢ぞろいで。 せっかくの土曜日にわざわざ時間を作ってくれた みんなに感謝です。「ありがとうございます!」 シャツ 酒

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : のんべい横丁 紫水

7月14日(木)渋谷のんべい横丁『紫水』

しすい

先週1週間、副鼻腔炎手術のため
入院してたので久しぶりの外呑み。
退院後、日本酒はここで呑もうと
決めていたホームグランド『紫水』に向かう。
傘が役に立たないくらいの土砂降り。
こんな日はだれもいないと思ってたら
HASEさん、INOさん、○○さん、
すでに3名の先客がいた。
とりあえず周辺を描く。

やす子ママの新盆と気づいた。
こうして、あっという間に時間が過ぎていく…。

。。。。。。。。。。。。。
〈副鼻腔炎手術体験記〉
7月4日(月)入院
翌日の手術に備えるも緊張してなかなか寝つけない。
9時の消灯ですぐ寝れるわけもない。
スマホで手術体験記を深夜まで検索してみる。
眠いけど寝れない。

7月5日(火)手術
朝、8時15分手術室へ。
もぉ逃げれない。
医師、看護師たちの動物柄、宇宙柄などの
上着とイージーリスニングなBGMに
患者への気配りを感じさせるも
緊張感はとけない。
手術台に乗る。
「下着を脱いでください」と看護師。
下着のシャツを脱ぎ尋ねる
「パンツもですか?」
一瞬の間があり「いいです…」との応え。
手の甲から点滴が入る。
麻酔医から「いまから点滴に麻酔が入ります」の声、
手の甲がズーンと痛重い、痛い〜ッ
というところからすっーと気持ちよく記憶がなくなる。
ふっと目が覚めると手術が終わってるようで
そのまま病室へ戻される。
ほぼ3時間が経過していた。

病室につき一息ついたところで、
オシッコに行こうとすると
「大丈夫、そのまましてください」と看護師が言う。
「?…」
手術室に入る時はいてたはずのパンツが小さく折り畳まれ
ビニール袋に入っていた。
まさか…と思ってたことが現実としてあった。
(あれだけ事前の打合せしたにもかかわらず
その話は聞いてなかった)
夕方、看護師がトイレまで同行し
一人で歩いていけるのを確認して
「じゃ、外しましょう」
「はい」
無様な中腰の体勢をとる。
摘出が始まった。
「いっ!ちょっ、と、
 ゆっ、くり…お、ね、がい、します」

と腰を引きながら小さな声で訴える。
とても状況を正視できなかった。
今回の入院でイチバンの痛みだった。

7月8日(金)退院

今年の1月くらいから、
ネットで耳鼻科の名医をいろいろ調べて
たどりついたのが今回の担当医。
手術後の痛みもさほどなく、
出血も少ない。名医です。
医師の技術力、素晴らしい。感謝。
医は人術なり。
。。。。。。。。。。。。。



画像検索
のんべいスケッチ』で画像検索すると
スケッチがどっとでてきます。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

7月15日(金)渋谷のんべい横丁紫水

しすい





テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : 紫水 のんべい横丁

6月7日(火)渋谷のんべい横丁『紫水』

紫水
(6月7日 18:20pm 紫水)
まだ暖簾もでてない開店準備中から席に着く。
客の来ないうちに描く。
ビール1杯吞んで、帰宅するつもりがズルズルと…。

たまに吞んだ翌日、
ポケットに見知らぬ名刺が
何枚か入ってることがある。
マスターFさんとの会話のなかで
今年のはじめ、下町をよく撮ってるカメラマンを
私が連れてきたとのこと。
たしかにスマホにその写真集の画像が残ってるのは
以前から気になっていた。
たぶん、渋谷界隈
のんべい横丁のどこかで吞んでてそのカメラマンに出会い
そこで本の表紙をスマホで撮って
ここ紫水へ引っ張ってきたらしい。
けっこう酔っぱらってたようで、記憶にない。



表紙
スマホに残ってる写真集の表紙



画像検索
のんべいスケッチ』で画像検索すると
スケッチがどっとでてきます。


にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村






テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : のんべい横丁 渋谷界隈

渋谷のんべい横丁 『紫水』

マスター

紫水のやす子ママが
昨年9月から休養に入った後、
常連たちはとたんに行き場を失った。
そこで立ち上がったのがFさんとYちゃん。
とにかくママ不在でも紫水に浸かっていたい。
ママの気配を感じていたい。
そんな常連たちの思いに後押しされて
Fマスター、Yちぃママを中心に消えかかった
紫水の灯を復活させて
ママの生活をも支えてきた。

桜咲く4月、
ママとして復帰することなく
天国へ旅立った。

ママがいなくなった『紫水』をどうするか、
常連たちの思いは一枚岩とはいえないけど
せっかくここで知り合った吞み仲間たちと
吞み続けたいという思いはみんな同じで、
できればママがこさえた設え、
そこに染みついた自分たちの匂い、
そのままの紫水で吞みたい。

そんなのんべいたちのわがままに応え
Fさん、改めて紫水のマスターとして
やっていくことを決め、
先日、渋谷で行われたあるイベントで
そのことを発表した。






続きを読む

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : のんべい横丁 紫水

渋谷のんべい横丁 やす子ママ

オシャレだけど派手じゃない。
夢二の絵のような大人しい女かと思えば
お茶目で、わがままで、ときにワイルドで、
「…だから乙女座のA型はきらいッ」と言い放ったり
こちらもそこにムカついて、言い合ったり。

「私は金のかからない女よ」と
余りものからいろんな雑貨をコツコツと
孤独に手作りしていた。

「私は呑み屋に向いてない」
「人に愛想よくできないし…」
お酒の吞めない、やす子ママは云ってた。
この引っこみたがりで、プロっぽくないとこが
心地よくて通った。

yasuko
(真ん中のスケッチはブログスケッチを始めた頃、ママに15秒だけじっとしててと頼んで描いた。10年前のこと)

「長生きなんかしたくない」
「死ぬときはだれにも知られずひっそりと逝きたい」
「生まれ変わったらフィギュアスケーターになりたい」
日々、口癖のように云ってたやす子ママ。
4月のある日、その願いのひとつが叶った。
まさかそんな日がほんとに来るとは
想像もできなかった。
いまだに、いないという実感がない。
吞んでるところへ、ガラッと戸を開けて
「冗談よッ、ごめんね〜」
ニコニコしながら入ってきそうな気がする。

晴れわたった空に
桜の花びらが舞う日、
いつもの顔、懐かしい顔、
ママの店に通った仲間たち100人くらいが一同に集まった。

最後のお別れのとき
このところの病室での
苦しそうだった表情とは違って
好きだった白い菊の花に囲まれて
おだやかに眠るママの顔を見てほっとした。
(ママ、よかったね)口には出せなかったけど。
哀しくて、あったかい同窓会だった。

友人代表が送った別れの言葉
「母であり、姉であり、娘であった」

7人、8人がやっと座れる2坪の空間で
呑み語り合った時間、人々は財産になった。

。。。。。。。。。。。。。。

「私が死んだら泣いてくれる?」
「たぶん泣くんじゃない…ただ俺、涙でないんだなぁ…」
「ママは〜長生きして、俺たちみんなの骨を拾うの…」
「やだぁ〜、早く死にたい…」
一年くらい前のママとの会話を思い出した。





テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

2月吉日 渋谷のんべい横丁『紫水』

しすい
(ウニ卵焼きを焼くマスターFさん)

ママが休養中のひととき、
常連のFさんとYちゃんが
マスター、ママとしてここ『紫水』をまわす。

わずか2坪の空間に
勝手知ったるいつもの顔ぶれが
身を寄せ合いながら吞む。
エロ話しから、時事ネタ、政治、宗教など
右に寄ったり、左に寄ったり、
呑み屋での御法度ネタまでが熱く飛び交う。

地球上から女子が消滅してしまったのかと
思えるようなオヤジ一色の日もあれば
美女に囲まれて
神様に感謝したくなる
そんなハーレムな日もたまにある。

苦かろうと甘かろうと
客がここでのイチバンの肴だ。

久しぶりにホームグランド紫水のカウンターでのライブスケッチ。

0310
のんべい横丁スケッチ』で画像検索するとスケッチがどっと表示されます。


にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : 紫水 のんべい横丁

渋谷のんべい横丁

横丁IRIGUTCHI


もしあのとき、
電車が遅れてなかったら
もしあのとき、
寄り道をしなかったら
あの人に出会ってなかったかもしれない。
人生も変わってたかもしれない、っていうことがある。

偶然なのか、必然なのか。
出会うべくして
出会ったように思える人がいたりする。

もし、横丁のあの一軒の店に行くことがなかったら、
いまの交友関係も、全然違うものになっていた。
このブログもなかったかもしれない。
あのわずか2坪の空間で
いろんな出会いがあって
いまの自分がなんとかある。


0310
のんべい横丁スケッチ』で画像検索するとスケッチがどっと表示されます。



にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks