Mercedes-Benz G 350 d Professional

g350desu

あの350 Proffesionalが青磁ブルーをまとって登場。

(仮説)
オフロードを愉しんだあと
東名経由で246へ。
キラー通りのショーウインドーに写る
青磁ブルーが映える。


ブルーの350、あります。
JAPAN CAR NICE

g350001

g35000

g35002

※友人がドイツ車をメインとしたディーラーを大阪で営っています。
 少しでも貢献できればとスケッチを描きました。
 このブルーは平行輸入でしか手に入らない限定生産車とのことです。


。。。。。。。。。。。。。
(告知)
エディさんのライブ
7月18日(火)/野毛ミラクル商会
はげまるさんサポート。
エディさん



テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

tag : Mercedes-Benz

HUDSON『ドライビングMIssデイジー』

【映画とクルマ】
ドライビングMIssデイジー1989年/アメリカ

hudson

この映画にはアメリカの名車が何台も登場する。
冒頭、デイジーおばあちゃん(ジェシカ・タンディ)が運転して
垣根に突っ込んでダメにしたのがキャデラック1947年型。
それがきっかけとなって新しい車の運転手として
雇われたホーク(モーガンフリーマン)が最初に乗る車がこのハドソン1948年型。
グラマラスでゆるやかな曲線美にニカッとした顔つき、
タイヤのホワイトリボン、
スカートを纏った後輪までのしなやかなライン。
当時、押し出しの強いアメ車たちの中で
貴婦人のような気品を感じる。
その後、年月の経過に合わせてキャデラック
1955年型、1966年型と乗り継いでいく。

ドライビング
はじめはホークを拒み、受け入れようとしなかったデイジーが
だんだんとホークと向き合うようになり
いつしか、一番の友となるストーリー。
ホークが運転中に車を止めて茂みで用を足す。
それをデイジーがなんでさっきのガソリンスタンドで
済ませなかったのかと咎める。
当時、黒人がガソリンスタンドのトイレさえも使えないという
差別がはびこっていた時代。
また、横柄な白人警官がユダヤ人と黒人の組み合わせを嘲笑する。
そんな当時の社会背景が二人の絆をより深くみせている。

モーガンフリーマンがいい。
『ショーシャンクの空に』のときの囚人役が、とくにいい。
佇まいがいい。声がいい。



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

tag : ハドソン キャデラック ドライビングMIssデイジー

MB G300 CDi Professional New Model

ベンツG

大阪 箕面でクルマ屋をやってる旧い友人がいます。
誠実な男です。
ドイツ車の並行輸入をメインにやっています。

JAPAN CAR NICE
ジャパンカーナイス という名前ほど規模の大きな会社じゃありませんが
真面目にコツコツと積み上げてきた信頼と実績で
周りの業者、顧客からは厚い信頼があります。

メルセデスベンツGクラス
MB G300 CDi Professional New Model
先日、このクルマの告知メールがきたので
スケッチをアップします。

1台、うん百万するそうです。

続きを読む

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

tag : MBG300

Mercedes-Benz G 280CDi

大阪に友人がいます。
二十歳の頃から30数年のつきあいです。
誠実で、尊敬できる男です。
9年前に商社勤務から独立して
ドイツ車をメインとした
外車ディーラーをやっています。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
その友人の会社が仕入れた車の宣伝をします。

URG港


burgにて


前

側面

後ろ

後ろドア開き

Mercedes-Benz G 280CDi

ひとつの頂点『ゲレンデバーゲン』。
昨年の秋、Mercedes-Benz が30周年記念として
世界に向けて200台限定生産。  
Turbo Diesel の A/Tです。
おそらく、日本で輸入したのは
友人の会社だけじゃないか、ということです。

全体にクラッシック基調で
パワーウインドウ無し、リモコンキー無し等々で
本当にクラシカルな車輌です。とのコメントがありました。

You Tube に参考画像がありました。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
後日談
1台売れたそうです。
(2月17日記)






テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

tag : Mercedes-Benz G 280CDi

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks