2月13日(金) 渋谷『十徳』

じゅっとく

店内の壁には、
日本酒の銘柄がずらりと並ぶ。
渋谷で日本酒のメッカといえばここ、『十徳』
午後7時過ぎ、まだ早い時間でほとんど空席状態。
どこの郷土の酒から吞もうかと
ゆっくり品書きを見て迷ってる間に
席が次々と埋まっていく。
のんべい3名、1杯めは高知縛りで始める。

日本酒の揃え良シ。
客の好みを訊き、
酒を提案してくれるスタッフ、
客の配置にも心遣いがある。

★きょうの私の酒
『酔鯨』高知
『加賀鳶』石川
『貴』山口


にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村


テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

10月吉日 渋谷『十徳』

十徳

yoshiと渋谷で呑む。
「日本酒が呑みたい」(酔っぱらいたい)と
モヤモヤの気分が溜まった二人の思いが一致。
迷わず『十徳』へ。
渋谷で日本酒を愉しむならここ。
地酒の銘柄がずらりと壁一面に並び、
アテ良し、スタッフ良し。

土曜日ということで店内はけっこう空いていた。
お通しはオクラ、それだけで1合呑めそうなくらいちゃんとしてる。
一合グラスにトクトクッと注がれ
あふれた分が升に溜まる。王道です。
このところ気にいってる秋田は『雪の茅舎』から
岐阜の『なんとか』、山口の『雁木』、郷土岡山の『酒一筋』と
1杯、1杯、銘柄を選んで頼むごとに
酔い具合を確認しながら呑んだ。
〆は、のんべい横丁たぬ公
きょうは記憶がなくなることもなく愉しく呑めて、
眠りこけて乗り越すことなく、忘れ物もせず無事に帰宅。



テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : のんべい横丁

5月吉日 渋谷『十徳』

十徳

yoshiと『十徳』へ。
日本酒の銘柄が壁にずらずらとならぶ。
地酒好きにはたまらない店。
好きだけど知識のない自分にとっては
知らない銘柄ばかり。
このところのお気に入りの『雪の茅舎/秋田』から、
つぎにさっぱりとした『王祿/島根』。
そのあとは2、3銘柄ぐらいか…おぼえてない。
途中から相席になった若者3人も
オヤジ2人を受け入れてくれ、混ざって呑む。

ここ『十徳』は酒が充実してるだけでなく
スタッフも丁寧な対応で気持ちがいい。
いい店にはいい客が集まる。
(仕事もそう言える)
そのうち呑みも話しも腹八分のところで出る。
まだ宵の口だからと、結局『のんべい横丁』へ。



テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : のんべい横丁

5月某日 渋谷『十徳』

十徳

久しぶりに桃蓮yoshiと
渋谷で呑む。
ボングーノー』で待ち合わせて
『十徳』へ。
チェーン店型の居酒屋へはめったにいかないけど。
ここは日本酒好き、地酒好きとしてはアリです。
壁に貼られた銘柄をみてるだけで
ワクワクしてしまう。
そこでひたすら東北の酒を呑む。
また、ふたつの銘柄を楽しめる
『呑み比べセット』500円もいい。

〆は、のんべい横丁は『たぬ公』。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

大阪にいた頃、
顔がそろえば、酒か、麻雀か、
という仲間たちがいた。
某大学の某ゼミのメンバーたちで
関係ない自分もときどき混ぜてもらっていた。
居酒屋に酒、肉を持ち込んで鍋をつついたり
ポケットから小銭を
ジャラジャラ出し合って家呑みしたり
そのうち3人が在日ということもあって
日韓対抗戦だといって
食材を買い込んで朝まで麻雀をしたり…と。

その一人が
亡くなったというメールが届いた。
実家の焼肉屋を継いで30数年。
仕込み中に心筋梗塞で倒れ
そのまま息を引き取った。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : のんべい横丁 たぬ公

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks