2016年 大晦日

じがぞう

このブログを訪ねていただき
ありがとうございました。
今年も、あっという間の一年でした。
とくに今年は自分にとって別れの年でもありました。

20年勤めた会社を退職し
その20年通った渋谷のんべい横丁の一軒
また横浜は野毛の一軒
このスケッチブログの起点となった
その2軒の店がそれぞれの事情で様子が変わり
寂しくなりました。

それは次の段階へいく時期がきたんだと
勝手に解釈しています。




テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

1月24日(土)自由が丘おもちゃの病院

のんべい横丁のいつもの店、
常連Fさんがキープボトル用のマイボトルとして
持ってきたのがこの同じタイプの
BOLSバレリーナボトル。
オルゴールとともにバレリーナが踊る。
たまたまネットオークションでみつけて落札。
04

ワクワクしながら梱包を解き
ネジを巻いたものの、反応なし。
KURE55を注入して
なんとかオルゴールは鳴るようになった…、
ただバレリーナは上下に動くだけで踊らず。
おもちゃの病院があると聞き
ネット検索してみると日本中いたるところにある。
そのうちのひとつ、自由が丘おもちゃの病院を
きょう訪ねた。
オモチャの先生

001

002

003

入院を覚悟してたけど、なんとその場で完治。
ボケ防止でやってるだけだからという
ドクターYさんのおかげで
バレリーナがクルックルッと軽快に回り始めた。
もぉ感謝!感激!雨アラレ!
Yさんの診療室には
セーラームーンやメカニックなロボット、
いろんなオモチャたちが静かに治療を待っていた。





テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

tag : のんべい横丁

2015年1月2日 還暦同窓会

故郷で高校の同窓会。
受付の人だかりが
会場を間違えたかと思うほど
見知らぬオジさん、オバさんたちに見えた。

短く刈り上げた
白髪の幹事の挨拶から始まった。
(この先生みたいなの誰だっけ…)
挨拶の中にはいくつかの訃報もあった。

同窓会
(卒業生3?0名、出席者76名、物故者11名、音信不通15名)

42年ぶりの対面。
見渡していくうちにだんだんと目が慣れてくる。
一瞬にしてわかる人もいれば、
胸につけたネームプレートと記憶とを照合していって
やっと思い出す人もいる。

1年のとき同じクラスのOさん、
1年の3学期、図書室で告白して
1度だけのデートで終わったHさん、
ソフトボール部のエースだったMさん
逢ってみたかった3人の女性のうち2人が出席していた。

同じテーブルの同級生と吞んでるところへ
「ネームプレートみせて…」と
見知らぬ女性がやって来て私のネームを確認した。
お返しのように
私もその女性のネームを確認した。
「えっ〜ッ」
ネームの旧姓をみて
思わず声を上げてしまった。
逢ってみたかったMさんだった。

コントにでてくる校長先生みたいな人、
円熟味たっぷりの演歌歌手のような人、
偉人の肖像画のような人、
自分のことは棚に上げて
42年の歳月を十分に感じさせられた。

この歳にして同窓会に出席できたこと、
みんなと笑いながら顔を見合わせることができたこと、
感謝!

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

1本のエンピツ

FBにアップした画像です。
よこに寝っころがってみてください。

スケッチ額つき

(上から)
大阪 梅田食堂街『大阪屋
有楽町ガード下『まんぷく食堂
横浜都橋商店街
有楽町ガード下『食安商店
横浜 山手 某宅
文京区根津『すみれ
渋谷『鳥竹
横浜 野毛小路
渋谷のんべい横丁『紫水
渋谷のんべい横丁入口
葛飾区立石『立石バーガー
倉敷川
横浜 南区『弘明寺商店街



テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : まんぷく食堂 鳥竹 立石バーガー 野毛 弘明寺商店街 都橋商店街

あさこはうす

TSTSTという
東北を支援しているグループがあります。

あの震災のあと、
東北の人たちのチカラになれることはないかと
一人のカメラマンが立ち上がり
二人、三人と声をかけていくうちに、
輪がどんどんふくらみ
いまやメンバーも百人を越えた。
それぞれが抱えてる状況が違うので温度差もあり
全員が一枚岩の結束とはなかなかいかないけど
自分の都合と折り合いをつけながら
いろんなカタチで支援をしています。
また、メンバーの中の積極的な少人数のグループが
避難所に直接、物資などを運んだり、炊き出ししたりして
交流をはかっています。

その活動の中で知り合った方がいます。
大間の原発の目の前に住み
お母さん (熊谷あさ子さん)の意志を継ぎながら
反原発を訴えてる小笠原厚子さんです。
TSTSTメンバーも何度か訪ねては
いっしょに時間を過ごしている。
もし、知らないという方は『あさこはうす』で
一度、インターネット検索してみてください。
周辺からの圧力にもめげずに強く生きている
小笠原厚子さんの深い情報がいっぱいあります。

あさこさん
(メンバーが撮影した写真を元にして、あさこはうすを描きました)


自然を大事にして、この海を守っていけば、
将来どんなことがあっても生活できるべ。
大金なんかいらない。

(あさこさんの言葉です)



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

TSTST
連絡先
tstst@groups.facebook.com

TSTSTの活動報告ブログ
http://tstst.blog101.fc2.com/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。










続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : あさこはうす

GW-3  5月2日(月)

金宅

故郷 倉敷で、家の用事を終えての帰り途、
往路につづきまたも大阪の友人kinのうちでやっかいになる。

37年前、大阪阿倍野に住んでいたときのある日、
地下鉄昭和町の駅前の交差点を歩いてると
友人のアパートで一度だけ会った男を見かけた。
「おぅ、○○のとこで会ったね」と声をかけた。
そのまま近くの居酒屋でいっしょに呑んだのがキッカケになり
それ以来、お互いの弟が同い年ということもあって
60歳を目前にしたいまも
家族ぐるみのつきあいが続いてる。

。。。。。。

夕餉までの空いた時間に
かつて住んでいた東住吉 杭全町、阿倍野 文の里を車で散策した。
もちろん当時の木造で共同トイレだったアパートはとっくにない。
周りを歩いてみてもすっかり様変わりしていて
当時の痕跡すら見つからなかった。
なんだか行かない方がよかったか…。
初恋の人に何十年ぶりかに会ったら
すっかり別人になってしまっていて
ちょっと残念なような醒めた気分。

電話を取り次いでくれた
アパートの管理人の太めのオバちゃん、
ほとんど他の客の姿を見ることがなかった食堂の
小柄なオバちゃん、
新聞配達のバイト先のオジサン、オバサン、
いろんな思い出のシーンの中でみんな笑ってる。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

東北を支援するTSTSTの活動報告ブログです。

東北支援東京写真家編集者クリエイターズチーム(TSTST)









テーマ : 日記
ジャンル : 日記

4月24日(日)-2 友人

とうとう、その日が来た。
故郷 高知へ帰るwaiさん。
予定がひと月延びて
きょうがwaiさんと最後の呑み。
缶ビール片手に大道芸をぶらぶら眺めて、
都橋商店街の2階へ。

いつも週末の野毛呑みで2軒、3軒と呑み歩き
深夜にたどりついてたのがこの場所。

親友です

「年に1回くらい 横浜 遊びにくれば…」
「高知から…遠いからなぁ…」
30年以上になるつきあいの
昔話を語り合って懐かしむこともなく
ぼんやりと川を眺めながらタバコをプカプカ~。
もしかしたら
もう会うことはないのかもしれない
という思いがこみあげて感極まらないうちに

「ありがとう」
「いゃ、こちらこそありがとう」
(なんかドラマの1シーンみたい、思い込みですが…)

お互い軽い会釈をして別れた。
一つの冗談をいっしょに笑い合える友人だった。
その気はないですが
長いつきあいの友人との別れは
いい歳こいて
大泣きしたいくらい寂しい気分です。



矢沢永吉『親友
http://www.youtube.com/watch?v=f6lL3W4q5bE&feature=related
(こんなカッコよくないですが)

関係ないけど、この曲もいいね。



テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : 都橋商店街

3月某日 神楽坂

tanaka

18歳で郷里 岡山を出て
大阪の学校に通い始めた。
そこからのつきあいになる
同級生のtanaka
まだ週休2日ではない頃、
土曜日、仕事を終えるとミナミのバーに仲間で集まって呑み、
その後は、寝屋川にあった仲間のアパートにみんなでざこね。
翌日は河川敷で遊んだり、
ときに京都、神戸へと足を伸ばしたりして遊んだりと
昭和の青春ドラマのようなシーンの中にに自分たちがいた。
そのうち24歳の春、ともに上京。
恩師の紹介で銀座にある制作会社に入社。
それから年月は経ち、何十回かの春を迎えて
白くなった髪、薄くなった頭をお互い眺めながら
あのころのしんどかった話、
おもろかった話を語り合った。

shop

そのtanakaが描いた絵が
神楽坂のハンバーガーショップに飾られている。
リッケンバッカー、ギブソンと
ギターの名器が描かれている。

(この平和なひとときの翌日、東日本が震災に遭った)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

のんべいつながり、ブログつながりから
震災にあたっての話をいくつかピックアップしました。

東北出身のフォトグラファー岩木さんの記事です。
『Gスタジオから』東北を再建しよう18

●医療スタッフとして派遣された看護婦さんの話

●めぐろのy子より
『スリランカ人の恩返し』
『欧州ミルクプロジェクト!』

テーマ : 本日の日記
ジャンル : 日記

3月6日(日)横浜港シンボルタワー 2/2

waiさん

上京して、この春で丸32年。
その32年間ずっと友人だったwaiさんが
退職して故郷の高知へ帰ることになった。

長いつきあいの間、
銀座、新橋、新宿、下北沢…野毛
いろんな時間をいっしょに呑み、笑い、過ごした。
言いたいことが言える分、よくぶつかったりもした。


お互いが家庭をもってからも
同じ横浜在住ということもあって
野毛での呑みも長く続いてきた。
もしwaiさんがいなかったら
野毛で呑んでないかもしれない。



寂しいかぎりだ。






テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

tag : 野毛

愛読ブログ

自分がブログを始めた頃から愛読してるブログに
『めぐろのy子より』という人気ブログがあります。
シンプルな絵でヌケがよく、
笑いあり、涙ありの傑作ブログです。
その中からいくつか紹介します。

●母からのプレゼント

●映画のような出来事

●授業最終日

それが、1冊の本になりました。
きょう、3月12日(土)発売です。
本

y子さんとは
何度かコメントしたことがあるくらいで、
お会いしたこともなく
なんの義理もありませんがここで紹介します。









テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
横浜野毛と渋谷のんべい横丁を
ホームグランドとして酒場スケッチしています。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks