3/6 根岸線 

3/7根岸線
深夜の根岸線下り磯子行き
めずらしくガラガラに空いた車内に
ぽつんと一人の女性が雑誌をめくっていた。
きちんと読むでもなく、写真と見出しを追うだけみたいで。
絵的にエドワード・ホッパーの描く都会の孤独感に
ちかいものがあった。

ひさしぶりのアップ。
このところ酒日和がない。週に1度あるかないか。
(土日もない/愚痴)
仕事漬けの日々。
世間では景気がいいという報道があるけど
実感はまるでない。
もしかして、ただバタバタ忙しいだけのこのことをいってるのか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

エドワード・ホッパーですか、いいね。
のんべいの例の店でも、たまにそう言う映像を見るときがある。
店をそっと覗くと、だれも客のいないカウンターに、ママがただぼんやりと座っていて、電球の光のなかで絵のように、時が止まってると感じることがある。
開けると、すぐに動き出すけどね。あたりまえか・・・


ホッパーの絵には似合わないけど
のんべい横丁の某は
そのネジの巻き加減がいい。
そこが魅力。

会社を一歩でて7~8分で
某の店に着席できてしまう身にとってはなおさら。

あの体温が癒しにちょうどいい。

日付変更・線

スケッチの日付を訂正した、
「日付変更・線」にすごいリアリティを感じてしまいました。
ホッパー → 日付変更線 → 南佳孝 
っていう連想ゲーム世代です・・・
渋谷の駅前交番の交差点を渡った横丁には、
ちょこちょこ通っていますが・・・
渋谷の日付変更線が変わる直前の頃まで、ぜひ一献を(笑)

リリーさんお久しぶりです。
どうもこのところなかなかアップできませんでした。
のんべい横丁もこのところ
週に1回くらいしか顔出せません。

やっと先週くらいら少しづつ
酒日和の日々が始まりました。
こんど、やっちゃんの店のぞいてみてください。

手盃盃手!
自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks