『駅 STATION』桐子篇

健さん
(1981年11月公開_2016年5月5日、BS1にて視聴)

季節は冬、北国。
雪がしんしんと降る中、
赤ちょうちんがぼんやり灯る。
和服姿に割烹着の女将が一人で切り盛り、
(欲を言えば相田翔子似)
客は自分一人だけ。
燗酒の湯気が小さく立ち
ラジオからは八代亜紀の舟歌がモノラルで流れている。
小鉢のイカと里芋の煮物をつつき、燗酒を煽る。
お互いの事情を小出ししながら
酔いとともに、ゆっくりと距離が縮まっていく。
(書いてて恥ずかしくなるくらいの設定)

そんな一度、体験してみたい
絶好のシチュエーションで
三上(高倉健)と桐子(倍賞千恵子)の二人が
出会い、くっついたり、離れたりしながら
ドラマが展開される。

呑み屋の女将、倍賞千恵子。
同じ頃、『男はつらいよ』では
さくらをも演じている。
まさに『昼顔』。


関連記事

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks