5月29日(日)『すれ違いのダイアリー』

すれちがい

電気も水道もない、
ケータイも届かない、
そんなタイの僻地。
湖上に浮かぶ筏のような水上小学校が舞台。
一冊の日記をきっかけにドラマが始まる。

ここに赴任した出会うはずのない
前任の女教師と後任の男教師。
ひとつの空間で時間軸の違う
ふたつのドラマが同時に進行していく。

見知らぬ同士の
男と女が好いて惚れて
歯がゆいくらいにすれ違いながらも
想いをつのらせ、妄想していく、
ワクワクドキドキ感。
恋愛の過程でいちばんおいしい時間。

。。。。。。。
現実はここをピークにして
気がつかないくらいの
ゆる~い下降線をたどりながら
日常になっていくんだなぁ〜。
ときに、一気に転げ落ちることもあるけど。
。。。。。。。


大都会ニューヨークを舞台の
『ユー・ガット・メール』もいいけど
タイのへんぴな田舎の湖上に浮かぶ
水上小学校のロケーションがいい。
メールじゃなく手書きの日記がいい。
ちょっと風吹ジュン似の女教師が
可愛くていい。
男教師がイケメンじゃないのもいい。
つい応援してしまう。



ダイアリー看板
(2016年5月29日 シネマ ジャック&ベティ)
すれ違いのダイアリー



関連記事

テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

tag : すれ違いのダイアリー

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks