酒場放浪記おさらい『岩手屋』

いわて
(初回放送_2016年6月00日)
吉田類の酒場放浪記をみていきたいと思った店】

メトロ日比谷線、都営浅草線の『人形町』
大門通りに面した一角。

岩手出身の初代がこの地で始めて半世紀。
孫にあたる向島出身の3代目店主が
主婦業の傍ら始めて30数年。

初代から続くおでんが、
ここの看板メニューなのか。
新鮮な刺身があるわけでもなく
日本酒が揃ってるというわけでもなく
特別に何かがあるわけでもなさそうな
この店の一番の魅力は、女将の笑顔。
常連さんたちはその魅力に引かれて
毎日のように通ってるらしい。
その中には、「きょうは3軒めだよ」と云って
入ってきた80前後の元芸者さんもいる。
花街の名残りか。


。。。。。。。。。。。。。。。。。
(近況)
20日(月)未明、高熱で目が覚める。
22日(水)やっと熱が下がるも、咳と鼻水が出はじめる。
23日(木)まだ微熱があるので
      念のために横浜市内の病院へ。
      インフルでも、肺炎でもなかった。
ただの風邪とはいえ重い、治りが遅い、
結局、この週はずっと引きこもり。
。。。。。。。。。。。。。。。。。

画像検索
のんべいスケッチ』で画像検索すると
スケッチがどっとでてきます。


にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村






関連記事

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : 酒場放浪記

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

更新が少し滞っているようでしたが、風邪でしたか・・・
長年の仕事の疲れが、知らないうちに溜まっていることもあります。
そんな時、風邪をひきやすくなるのでしょう。
十分にお気を付けてくださいますよう。

人形町は東京の下町の中では、独特の雰囲気を感じます。
路地、路地には魅惑的な酒場も多く、
流石の私も鼻が麻痺してしまいます(笑

人形町もそうですが、水天宮の裏道がまた別天地ですよ!

とことろで前記事の、ヴィンテージもののギターとウイスキーの風景。
最高です。
男の時間は、かくあるべし!^^


NANTEIさま

コメントありがとうございます。

さすが、東京の呑み処
いろいろ吞み歩かれてるようですね。
ちょっと油断して1週間こもりました。

ギターは30年以上、手にしてませんでした。
巧くはありませんが
久しぶりにスリーフィンガーなどしてみると
夜、友達のアパートで呑みながら
フォークをジャカジャカしてた頃を
思い出します。
いま思えば近所迷惑だったでしょうけど
当時、世間にはまだ余裕があったのか
苦情はあまりこなかったように思います。



自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
横浜野毛と渋谷のんべい横丁を
ホームグランドとしてのんべいな日々をスケッチしてます。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks