渋谷のんべい横丁

『1本のエンピツ』ダイジェスト版より
入口
6軒
渋谷のんべい横丁に通って20年。
仕事終えて、数分でここにたどり着く。
馴染みの面々と呑み、語らい、酔っ払う。
とくにその中の一軒で知り合った人たちと
過ごした時間は、大きな宝物になった。
自分がいま在るのは、この店のおかげです。


家族
(今年5月末、長女と長男にとって初めての横丁を体験)
関連記事

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : のんべい横丁

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

20年も通った「のんべえ横丁」。

職場とまた違った思い出を、
たくさん積み重ねてこられたのでしょう。

別の意味で胸に迫るものが多いと思われます。

それにしても、羨ましい写真です。
私も男子に恵まれたら成人の息子と、
赤ちょうちんで一杯やることを夢見ていました。

残念ながら娘一人だけで、
その夢は断たれてしまいました。

上の孫は男の子ですが、まだ小学生。
孫が成人になる頃は、私、飲める体でいるわけはない(笑

いやはや、いい光景を見せていただきました。

Re: こんにちは。

コメントありがとうございます。

酒呑みは、子どもが成人したら
いっしょに酒を酌み交わす日を
想いますね。

娘さんとは呑まれたのですか。
お孫さんだってあと10年したら
ビールの一杯くらいは呑めますね。
その辺も含めてゆっくり話す機会を
楽しみにしています。


> 私も男子に恵まれたら成人の息子と、
> 赤ちょうちんで一杯やることを夢見ていました。
>
> 残念ながら娘一人だけで、
> その夢は断たれてしまいました。
>
> 上の孫は男の子ですが、まだ小学生。
> 孫が成人になる頃は、私、飲める体でいるわけはない(笑




自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks