9月23日(金)『ラスト・タンゴ』

ラストタンゴ

「タンゴのために生まれ
 タンゴのためにに死ぬ」
       マリア・ニエベス

御歳82歳、伝説のタンゴダンサー、マリアを軸にした
ドキュメンタリー。
ペアを組んで50年というマリアとファン。
タンゴ界では伝説のタンゴペアと云われてるらしい。
ふだんの生活ぶりは老いて見えても
いざステージに立つと颯爽とした
体のラインで踊る、現役のマリア。
女は強し。
男と女が一騎打ちしてるような
キレのある緊張感。
この映画が女優デビューという
若い頃のマリア役の女優もよかった。
ヴィム・ヴェンダース製作総指揮ということで
どこか『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ 』を彷彿させる。
見終わった後も頭の中をバンドネオンのメロディが流れる。

30年くらい前にちょっとしたタンゴブームのような時があった。
アルゼンチンから来日したタンゴチームを新宿の厚生年金ホールで観た。
その中にマリアとファンがいたかどうかはわからない。




タンゴ
(2016年9月23日 シネマ ジャック&ベティ)
ラスト・タンゴ

ジャック&ベティともにシートが一新されて
体が包まれるような心地よさで、背もたれも高くなり
座高の高い自分としてはありがたい。
姿勢を何度も変えることなく
ゆったりと映画が愉しめるようになった。
関連記事

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

tag : ラストタンゴ

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks