10月26日(水)倉敷『和楽』

わらく

一年に一度の帰省。
2泊3日で故郷倉敷へ。
久しぶりに、中学校の同級生と呑み。
老松町の居酒屋で待ち合わせる。
昭和感たっぷりの旧いビルの一角に
赤ちょうちんがゆれる『和楽』
暖簾をくぐり引き戸を開けると
見おぼえのある懐かしい顔が並んでいた。
それぞれの面を推理するかのように
眺めながらテーブル席に着く。

どうきゅうせい
yama◯◯、hara◯◯、kuma◯◯とshira◯◯の4人。
なんと、47年ぶり。
過ぎた年月の時計を戻しながら
風貌をしげしげと検証。
みんないい感じで歳くってる、乾杯!
積もる話をひとつひとつ荷をおろすように話していく。
1杯2杯と呑んでいくうちにだんだんと
中学生の頃にもどっていく。
結局、それぞれ人としてのスタイルは変わってない、
当時のまんま。
「ikedaくん、これ食べねぇ」
懐かしい岡山訛りで女子に云われるとどこか和む。
また出てくる料理がうまい。
ふとカウンター越しに店主を見た…。
一瞬、息が止まる。
えーッ!matsu◯◯!と思わず叫んでしまった。
ここは同級生matsu◯◯の店だった。
そぉいえばmatsu◯◯は倉敷の老舗ホテルで
コックとして勤めていると昔聞いてた。

しょうちゅう
kuma◯◯のキープしてあったとっておきの焼酎を呑みながら
ここ何年かの同窓会の写真を見せてもらった。
中学生だった坊主頭の男子たちはいいおじさんになり、
おかっぱ女子たちは青虫が蝶に変身するように
歳がかさんで風格というか味というか、
いい感じに仕上がってる。
もしかしたら甘いも酸いも噛み分けた
この50代から60代のいまが、
人生でいちばんいい時期なのかと思えた。

かっぱ
『和楽』をでたあと帰省のたびに寄る『Kappa Records』と
ピエロ』で呑んで帰った。

。。。。。。。。。。。。。。。
【倉敷スナップ】
帰省のたびに様変わりする町並み。
昔の面影はなくなった分、少々さびしいけど
いま、観光客の気分でけっこう楽しめる。
かわにしまちかいかん

しんすけ
しんすけ、見つけた。

いちばんがいきたぐち

いちばんがいみなみぐち




関連記事

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks