11月9日(水)渋谷のんべい横丁『紫水』

入口
久しぶりに『のんべい横丁』の提灯をみると
帰ってきたーッ!という感じ、里帰りしたような気分。
渋谷駅を降り、いまや外国人観光客の撮影スポットとなった
あのスクランブル交差点の雑踏さえも
どこか楽しくワクワクしてしまう。
暖簾をかき上げ、引戸をあけると馴染みの顔が一人。

いか
お通しのヤリイカの煮付けをつつきながら
きょうの日本酒、伏見の『玉乃光』を呑んでるところへ
また一人、二人…といつもの面々が
ぽつりぽつりと顔をそろえる。
わずか2坪になんとか定員7名。
きょうはそこへ9人、10人…とあふれて
ダークどころじゃない押しくらまんじゅう状態。
きょう決まったアメリカの大統領から
下世話な日常までの、のんべい談義。
人は、イチバンの肴

せなか
昨年秋、『紫水』の灯を復活させた
マスターFさん
一年が過ぎ、オリジナルメニューも充実してきた。
カラスミ
きょうの逸品、お手製『タラのからすみ』
ボラじゃなくタラでできないかと思い
作ってみたという。
大根のうす切りで挟んで食うからすみは
見た目、食感、ボラとおんなじ旨さ。
日本酒には海のものが合う。
この季節とりあえずビールじゃなく
始めから日本酒で、魚好きとしては
海のものをアテに呑むのがいい。

やす子ママが開いた
紫水』の団欒はいまでも健在。
しすい


。。。。。。。。。。。。
画像検索
のんべいスケッチ』で画像検索すると
スケッチがどっとでてきます。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村



関連記事

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : のんべい横丁 紫水

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks