5月某日 宮川町「みかさ」

今日の1軒め、久しぶりに「侘助」へ。
閉店タイムになり、2軒めはマッチも同行ということになり
マッチ、マコト氏の3人で野毛界隈の呑み屋を散策。
なぜかきょうはどこの店も満席。そういう日もある。

みかさ

そこで辿り着いたのが
野毛から日の出町方面へ歩いていった一角にあるお好み焼き屋「みかさ」。
野毛の町の通りはほとんど歩いてるつもりだったけど、いままで知らなかった。
創業が昭和28年という。佇まいは当時のままというわけにはいかないけど
まん中に小さな土間スペースがあり、
それをはさむように両側が小上がりの座敷きになっていて気さくな雰囲気の店。
お好み焼きはやや小ぶりなので
呑んだあとの小腹を満たすにはちょうどいいボリューム。
「みかさ」のお好み焼きは粉と野菜を練り一晩寝かせてるということで
焼くときにバラけることがない。
ソースはおたふくではなく「みかさ」が創業以来
守り続けている秘伝のソース。

お好み焼きのいいところは、
焼くという作業をみんなでああでもない、こうでもないと
愉しくもめながらひとときを過ごせる。

関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : 野毛

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks