1月17日(火)『ブルーに生まれついて』

ぶるー

とにかくかっこいい。
このチェット・ベイカー役はイーサン・ホーク以外に思い浮かばない。
まさに適役。
映画の中で進行するモノクロームの伝記映画がいい。
できればずっとそっちの方で観たかった。

23、4歳のとき、
新宿西口がまだ空地だらけだった頃
そのどこかでマイルス・デイビスを観た、聴いた。
縁あって前から2番目の席だった。
それがきっかけでジャズを聴くようになった。
あるときジャケ買いしたのが『Chet Baker Sings』
とくにMy Funny Valentineがいい。
…ていうかこれしか知らん。
『リプリー』でもマットディモンが唄うシーンがある。
野毛のある呑み屋の有線でよくかかってた。
雨のしとしと降る夜、囲炉裏のある席で干物を炙りながら
ジャズの音と雨の音を空気にして
日本酒を呑むひとときは至福だった。

で、話を戻すと
人気絶頂の若きチャラ男、
チェット・ベイカーが年を重ね
ウヰスキーが樽の中で熟成していくように
破滅に向かって堕ちていく。それに抗うように
痛々しくペットを吹き続けるかっこいい映画。
再起をかけたライブのシーン、
「BORN TO BE BLUE」のセリフで終わる。
エンドロールまで黒バックに白文字とBLUEだった。
タイトルも原題のまま『BORN TO BE BLUE』でよかったのに。



ジャック
(2017年1月17日_シネマジャック&ベティ)
ブルーに生まれついて



関連記事

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

tag : チェット・ベイカー My Funny Valentine

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
横浜野毛と渋谷のんべい横丁を
ホームグランドとして酒場スケッチしています。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks