5月31日(水)『まるでいつもの夜みたいに』

高田

高田渡、2005年3月27日、
高円寺の居酒屋での東京ラストライブのドキュメント。
『まるでいつもの夜みたいに』
102席の小さな映画館だから、
ライブ会場の最前列にいるように
高田渡を感じた。

高田渡、自衛隊に入ろう、自転車にのって、
高校生の頃、活字では知ってたけど
聴くこともなく、興味もなく長い間過ごした。
歳とって盆栽に関心が向かうように
晩年になってから聴き込み、惹かれた。
残念ながらタカダワタル的は観てないけど。
TBSのニュース番組だったか、
自宅アパートで筑紫哲也との対談で
どこか小市民的な高田渡が面白かった。

『仕事探し』から始まり『失業手当』『アイスクリーム』
曲の合間のしゃべりに館内の客も笑わされる。
寄席で噺家の小話を聴いてるみたいだ。
なかでも愛犬家どうしの会話があるあるで面白い。
朴訥な語りの中に本音がキラリと光る。
時おり放つ憤りのような
強いピッキングがそれを語っていた。

いつもラストは『生活の柄』で終わるんだけど、
もぉ飽きた。
もっと行き場のない曲でと『夕暮れ』を歌う。
〜自分の場所からはみだしてしまった〜♪
詩がしみる。
このライブの3週間後、
高田渡は旅立った。

ポスター
(2017年_5月31日_横浜シネマリン)




関連記事

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

tag : 高田渡

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks