ふらり旅 いい酒 いい肴 〈北海道 小樽〉

blog

(2017年6月13日放送 BS11)
太田和彦ふらり旅いい酒いい肴を見て気に入った店】

酒商たかの
この小樽の酒屋がすごい。
店主が58歳のとき、大好きな地酒の店を開こうと決心。
偶然にも太田和彦さん監修の日本酒本を手に
「この本はひとつのバイブルです」と
10年かけて日本中の酒蔵を訪ね歩き、
いまや道内有数の品揃えを誇る酒屋に成長した。
その2階が『隠れ蔵』という名の立ち飲みコーナーになっている。
なんと贅沢な、日本酒好きにはたまらない
角打ち空間がここにある。

店の看板にー酒は出会いー
ーやっぱり日本酒が好き!ー
石鎚、川鶴、開運、雁木、晴耕雨読、
楯野川、三千盛、浜千鳥…と札が並ぶ。
文字を見てるだけでもそそられる。
どんだけ好きやねん!と言いたくなるくらい
店主の地酒好きが店構えににじみでている。


太田和彦のふらり旅 新・居酒屋百選/BS11
https://www.bs11.jp/education/furari-sin-izakayahyakusen/

。。。。。。。。。。。。
小樽の町。
高校卒業の春、友人4人で北海道を旅行した。
44年前のこと。
小樽からバスで積丹半島にいったぐらいの記憶しかない。

。。。。。。。。。。。。
ハマ柴そらの日記
6月のそら
sola

岡村公園へ朝散歩
https://www.youtube.com/watch?v=BJtDpuRfVvA




関連記事

自己紹介

いけだふみのり(池田史典)

Author:いけだふみのり(池田史典)
1本のエンピツがあれば、
人を描く。町を描く。

いままでの日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント

非公開コメント

トラックバック