酒場放浪記おさらい 『だいこん屋』阿佐ヶ谷

だいこんや
(初回放送2016年12月12日)
吉田類の酒場放浪記を見て気に入った店】

だいこん屋
阿佐ヶ谷駅北口から高円寺に向かってしばらく歩く。
周りの闇に溶け込むような黒くてシブい店構え。
ガラス窓から昭和っぽい灯りが漏れてる。
壁や天井の梁、カウンターの風合いが
店を開いて44年という年月でいい感じに仕上がってる。
まさに日本酒バーの様相。
こんな空間で地酒をちびちび味わいたい。
経木に墨で書いた品書きもまたシブい。
水産大学出身のご主人はかつて捕鯨船の乗組員として
一年の半分、南氷洋で鯨を追っかけていた。
鯨の刺身がメニューにあるのはそれ故か。

一見、愛想のなさそうなご主人に見えるけど
カラスミやデザートなど凝った肴を自分で作るだけじゃなく
句会を主宰したり、また座が乗ればギターでフラメンコを披露したりと
多彩な御仁だ。

【日本酒】
●白梅じょっぱり本醸造(青森)
●黒帯悠々特別純米(石川)
【肴】
●サンマの塩麹漬け
アイスランド産の●ナガス鯨の刺身
ご主人が自らつくった●カラスミ


。。。。。。。。。。。。

画像検索
のんべいスケッチ』で画像検索すると
スケッチがどっとでてきます。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村小さい文字


関連記事

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : 吉田類の酒場放浪記 だいこん屋

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks