男はつらいよ第38作『知床慕情』

マドンナは第32作以来、
2回目の登場となる竹下景子(りん子)。
その父親、順吉役が黒澤映画には欠かせなかった
世界のミフネ(順吉)。

舞台は北海道。
札幌の大通り公園で啖呵売をする寅さん
第35作でリリー(浅丘ルリ子)とひと芝居打った
傑作シーンが思い出される。
釧網本線の札弦(さっつる)駅前で
順吉に出会いドラマが始まる。

(スケッチ:ウトロ港)
知床の風景に知床慕情が流れる。

知床慕情

この順吉と近所でスナックを営むママ(淡路恵子)との関係が軸となる。
順吉に指南をするのが寅さん

しれとこ

シリーズも後半になると、
大人のカッコ良さを見せる場面が増えてきた寅さん
順吉が抱えてる父と娘のこと、男と女のこと、
それぞれの課題を解決していく。
ただし、いざ自分のこととなるとなかなかそうはいかない。


1987年/昭和62年 8月公開
第38作マドンナ 竹下景子
関連記事

自己紹介

いけだふみのり(池田史典)

Author:いけだふみのり(池田史典)
1本のエンピツがあれば、
人を描く。町を描く。

いままでの日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント

非公開コメント

トラックバック