男はつらいよ第40作『寅次郎サラダ記念日』

こうみせん

オープニング、
秋色に染まリはじめた木立ちをバックに小海線が走る。
車窓の景色を眺めながら
一杯呑んでる寅さん
窓を開けて駅弁を買ってた頃の
懐かしい昭和の鉄道風景。


irori
小諸の駅前で、
ひとりのおばあちゃんと出会う。
おばあちゃんの掛かりつけの医者が
マドンナ、三田佳子(真知子)
その姪が三田寛子(由紀)。

「これが見納めだ」
真知子先生に促されて病院へ向かうとき、
自宅を眺めながらおばあちゃんがつぶやく。
ここは沁みる。

waseda
真知子先生との糸をたぐるため
由紀の通う早稲田の門をくぐる寅さん

shimabara
今作もマドンナとの関係が
実りかけたところで旅に出る寅さん
ラストの啖呵売は島原
そこでいつぞやの泥棒と遭遇。
島原城をバックに大通りを
泥棒が駆けぬけるシーンは圧巻。


1988年/昭和62年 12月公開
第40作マドンナ 三田佳子
関連記事

自己紹介

いけだふみのり(池田史典)

Author:いけだふみのり(池田史典)
1本のエンピツがあれば、
人を描く。町を描く。

いままでの日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント

非公開コメント

トラックバック