10月吉日 渋谷のんべい横丁

ものくろ

かつてのホームグランド、
渋谷のんべい横丁へ。
実家に帰省するような気分で仲通りへ。

格子戸を開けると
マスターFさんの顔があった。
うちで穫れた柿を渡して席に着く。

昨年の10月、ここの常連だった
写真家Iさんの個展が銀座であり
久しぶりに懐かしい顔ぶれが集まった。
銀座『三州屋』で呑み、
二次会としてここに来た。
それ以来、一年ぶりの『紫水』

懐かしい面々と久しぶりに一献を期待してたけど
何人か入れ替わるも全員が初対面。
ほんの3年前までの日課のように通っていた頃のメンバーが
少しづつ入れ替わっているようだ。

のんべいよこちょう

もともとここの常連だったマスターFさんが
先代のママから引き継いで3年が過ぎ、
献立も一品、一品が充実して、
料理人然とした所作に
深夜食堂の小林薫を彷彿させる。
お通しの白魚と
鰤の炙りをアテに金陵(香川)を呑む。

久々の横丁、素通りできないもう一軒の店、
イタルさんの店でシメる。














関連記事

自己紹介

いけだふみのり(池田史典)

Author:いけだふみのり(池田史典)
1本のエンピツがあれば、
人を描く。町を描く。

いままでの日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント

非公開コメント

トラックバック