9月某日 夏の忘れ物

すだれゴーヤ2

蝉の鳴声が止み、秋の虫が鳴き、
陽が暮れるのが早くなって
じゅうぶん秋なんだけど
夏の忘れ物のようにゴーヤが
まだまだ、元気に実ってる。
そんなに大きくはならないんだけど
今年の夏は何本か収穫があった。
南国との風土の違いか、
むかし食べたあの苦みがないので食べやすい。

「朝顔につるべとられてもらい水」という句があったけど
たまたまプランターに植えてるゴーヤが
したたかにつるを伸ばし、
そばにあった簾にうまくからんで
一枚の絵のような構図ができあがった。

簾の裏側からよくみると
1本のつるから数センチおきに
子どものようなつるが
簾のひごを2、3本をしっかりとつかんでるのがわかる。
生きるものとしての意志を感じた。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
横浜野毛と渋谷のんべい横丁を
ホームグランドとしてのんべいな日々をスケッチしてます。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks