某日 神保町「鴻(オオドリー)」

カレー2


神保町の古書街のはずれにある、スープカレーの店「鴻(オオドリー)」。

クライアントからの帰り、
神保町での乗り換えがランチタイムだったので
久々に「さぼうる」でナポリタンか、「ラドリオ」か、新規開拓かと
ぶらぶらしてたらレトロな外観の店を発見。

靴をぬいで、板間へ上がると中は
年季の入ったカウンター、床があったかい色合いで迎えてくれる。
カウンターに席をとり見上げると
レトロなポスター、看板が施されている。
向かいの壁にはラグビーのジャージが額装されて飾られている。
(もしかしてオールブラックス?)

メニューを選ぶにあたって
まず、とん骨ベースの黒カレーと
手羽ベースの赤カレーのどちらかを決める。
つぎに辛さを、
1標準 2結構きます 3かなりきます 4責任もちません
の4つから指定する。
最後に具を選ぶ。
A.野菜のカレー
B.チキンのカレー
C.黒毛和牛のハンバーグカレー
D.黒毛和牛のカルビカレー

おすすめは
黒毛和牛のハンバーグの黒カレー
辛さはもちろん標準。
(といっても2回いって2回ともこれしか食べたことがないけど。)

コクがあってそれでいて
スープなのでくどくない。うまい。
スープの中でハンバーグをほぐしながらカレーをしみこませて食べるのがうまい。
ついごはんをおかわりしてしまう。

神保町は手ごろな値段でランチのうまい店が多い。

カウンターには焼酎が並び、
奥の壁には洋酒がびっしり並ぶ
夜は呑み屋としてやってるようだ。



カレー

ひとつ思ったのは、元々古い民家(?)なのだから
あえてよけいなレトロ演出はしない方が
深みを感じるのでは、と思った。
しかもカレーは旨さは絶品だし。

関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
横浜野毛と渋谷のんべい横丁を
ホームグランドとしてのんべいな日々をスケッチしてます。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks