ふらり旅いい酒いい肴『大阪 明治屋』

太田和彦 ふらり旅 いい酒いい肴
meijiya
太田氏が居酒屋の西の聖地、
日本三大居酒屋の一つと絶賛する
昭和13年創業の『明治屋』。
大阪は阿倍野にも再開発の波が押し寄せ
あべのウォークへの移転が決まると
太田氏をはじめとした明治屋ファンたちの
「店の設えをこのまま残して欲しい」という熱い声がとどき
6年後、当時のまんまの間取り、内装、設えで甦った。
なかでも。ここの宝ものともいえるカウンターと
イスとの高さの関係はこれがベストだと
太田氏の執筆した書籍にも書かれている。

。。。。。。。。。。
かつて阿倍野区に住んでいた私にとって
ここは、もうひとつの故郷です。
あべのハルカスが立つ地には
アポロビルがあった。
20代前半の当時は法善寺横丁、
道頓堀のミナミ近辺か、
キタは、かっぱ横丁、阪急東通りあたりで
呑むことが多かった。

冒頭で太田氏が散歩していた
アーケード街『阪和商店街』も
行ったことはないけど
昭和感があって面白そうだった。










関連記事

自己紹介

いけだふみのり(池田史典)

Author:いけだふみのり(池田史典)
1本のエンピツがあれば、
人を描く。町を描く。

いままでの日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント

非公開コメント

トラックバック