11月某日 東京モーターショー

モーターショー
幕張へモーターショーを見にいった。
休日とあってかなり混雑していて、
とくにGT-Rを復活させた日産のブースは
早朝の満員電車のような混み具合の行列ができていた。
そういう混んでるところは避けながら廻った。

自動車メーカーが未来に向けてつくる
コンセプトカーのカタチ、機能をみるのが面白い。
どこが前か後ろかわからないエッジのきいた流線形のモノ、
屈強なトランクルームのようなモノ、
ゆるい曲線のどっかホッとさせるモノ、
とくに面白かったのがPUYOというボディが柔らか素材でできたクルマ。
エッジを尖らせていきつくと、結局ゆるい方向に流れがいくのか。

子どもの頃、NHKで「宇宙家族」というアメリカのアニメ番組があった。
食事はモニターからお好みのモノを選んでスイッチを押すと一瞬ででてくる。
その日のヘアスタイルもどれにするか選んで
カパッとパーマ機のようなのを頭にかぶるだけでできちゃう。
クルマは車輪がなくて空中を自在に飛ぶ。
住まいは京都タワーのようなルイジコラーニ風デザインのマンション。

ありえない半分、いつか未来はそうなるのかも
なればいいのにと子供心に思ってた。

いま、携帯電話の存在は
かつてまだ、電話の呼び出しという習慣があった時代からみると
夢のような進化に思える。

そのうちいつかブレードランナーやマイノリティリポートにもでてきたけど
車輪を必要としない、ガソリンに変わるなにかで
揚力で動くクルマがでてくるんだろうなぁ。

しかし幕張遠い。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks