12月18日 宮崎県庁

フェニックスや大きなサボテンのある南国情緒たっぷりの前庭に、
重厚でクラシックな建物という妙なマッチング。
宮崎県庁

ことし5月以来、2回目の宮崎。
3日間で、宮崎の特産品の生産者をいくつか取材して廻った。
その中には、いまや宮崎のトップセールスマンとなった
知事への取材も含まれていた。

取材の前日に課長クラスの人と事前打合せをしてから
取材本番へ臨むという段取り。
その日、取材は7件はいってるという。
1件15分が基本で、この取材に30分時間を割いてくれるのは異例です。と
県庁の人は語っていた。

知事室で取材、撮影が始まるまでには
知事室のひとつ手前の応接室で待ち、さらにその前は秘書室で待ち
そしてさらにその前は廊下のドア前で待つという
一コマづつしか進めない、すごろくのように
取材チームは順番待ちする。

前日から入ってるので、知事室のドアを開けて
接見したときは、やっと会えた〜ッ。という気分。

県庁は昭和七年にできた。
外観、内観ともにクラシックで格調のある建物だ。
門のところにも地元のテレビ局らしいクルーが陣取っていた。



kenchou1

開かれた県庁というか、東国原効果か、
観光客がぞろぞろとガイドに引き連れられ
知事室の前の廊下をきょろきょろしながら歩いていた。
フェニックスのある前庭では、記念写真をとる観光客だけでなく
地元の幼稚園児たちが、のどかに日なたぼっこしていた。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
横浜野毛と渋谷のんべい横丁を
ホームグランドとして酒場スケッチしています。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks