12月24日 イブの訪問者

ばった1

イブの午後、
ことしもあと数日で終わるというのに
網戸に6本の足を広げてピタッリとくっついてる
殿様バッタを発見。

なにかの使いで、
メッセージを伝えに来たのか。
我が家の暮らしぶりを見届けにきたのか。
地球がここまで暖まってるという警告なのか。
たまたま生き延びた一匹が
終の地を探してるうちに迷いこんできたのか。

そばによってもじっとしたまま動こうとしない。
翌日もまだじっと張り付いていた。
もしかして生きてないのか。と思ってると
翌々日の朝も位置を少し移動してまだ張り付いていた。
午後、家に電話してまだいるかどうか確認したところ
家人が窓ふきを始めたら、
どこかへ跳んでったということだった。
(少し、気を使えよ)

そのまま、バッタの最後を見届けたかった。



-------------------------------------------
一昨年の10月頃にも珍客があった。
深夜、外でなんか物音が聞こえた。
ネコがメダカを狙ってるのかと
雨戸を ガラッ と勢いよく開けると

目の前に2頭の動物がいた。
お互いに予期しなかった状況に
一瞬じっと見つめあったまま、固まった。
そしてこちらを向いたまま、
申し訳なさそうなポーズでゆっくりと
2頭は後ずさりしはじめたので

「外にッ!なんかがいるッ!」と就寝前の家族を集め、
もう一度そっとのぞくと
こんどは柿の木にのぼっていた。
じっと見てると、眼をマグライトのよう
眩しいくらい光らせながら
両方の前足を三つ指をつくようなポーズで
下向きのままスルスルと降り、2頭ともどこかへいってしまった。

ネットで調べたところ
尻尾が縞模様だったので
アライグマと判明した。


関連記事

テーマ : いいもの見つけた!
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
横浜野毛と渋谷のんべい横丁を
ホームグランドとしてのんべいな日々をスケッチしてます。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks