某日 渋谷「魚蔵居」

魚蔵居

“魚蔵居”と書いて“うおくらい”と読む。
渋谷は井の頭線の駅に近い一角、
パチンコ屋、居酒屋、焼鳥屋、ラーメン屋がひしめく。
そこに時代から取り残されたような古いビルがある。
よくみると、うまさてんこ盛・魚蔵居の木の看板が2つもあるけど目立たない。
脇の暗い階段を上がると2階に「魚蔵居」がある。
yoshi、rocoに連れられて初めて入った。

想像してたよりも広いスペースで
入って右に厨房を囲むようにカウンター席が5、6席、
左はボックス席のテーブルが5つくらいある。

渋谷だからか意外にもオヤジよりも
若いカップルや女性グループが多い。

ここのお母さんなのか、年輩の女性が
メニューが書かれた黒板をテーブルの上に置いた。
その中からいろいろ食べて一番気に入ったのが
「タコの吸盤」200円。
ぷりっとした吸盤だけが数個、鉄の串に刺して軽く炙ってある。
これがなかなか旨い。
また、けっこう呑んで食っても一人3000円を超えない。
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
横浜野毛と渋谷のんべい横丁を
ホームグランドとして酒場スケッチしています。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks