5月某日 都橋商店街『さつき』

さつき

いま、都橋商店街でいちばん新しい店『さつき』。
今年の1月開店。
もともとこの界隈で客だったYoshikoさんが
お嬢をママとして始めたベッピン母娘の店。
週に金・土・日の3日だけの営業。
(このところ金・土のみ)

ここのルール1つめ、
焼酎をキープすると目の前で、お嬢ママがボトルに
サラサラッと似顔絵を描いてくれる。
その秀逸なデフォルメの技に描かれた本人は
一瞬、うれしいようなうれしくないような気分になる。
(このところ、娘ママは本業の漫画家業が忙しいようで姿をみない)

ここのルール2つめ、
お通しとして、母ママ手づくりの献立が3品、順番にカウンターに並ぶ。
それが一品、一品きちんとできいて、ごはんが食べたくなる。
きょうは、肉じゃが、魚の煮付け、茄子の辛子和え。

いつも堂々としている母ママ、
少々の天変地異が起きても
そばにいれば安心できそうな
落ち着いた笑顔で客を包んでくれる母ママ。

ところが、神様は人をバランスよくつくってくれてるようで
母ママが昔、OLの頃のこと、
冬のある日いつものように出勤して
更衣室でコートを脱いだとき気がついた。
スカートを履いてない…。

その日、
買ったばかりのおろしたてのコートのことで
頭がいっぱいになり
スカートを履かずに家を出た。
上司に訳を話して一旦、帰宅したとのこと。






関連記事

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

tag : 都橋商店街 野毛

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

また、寄らせてもらいます。

野毛ですか・・・

去年の暮れひさしぶりかにふらっと行きましたが、フランチャイズ店が多くなっててその変貌振りに唖然とさせられました。
昔ながらの店もありましたが、足繁く通ってた頃のイメージと違い、入るのに躊躇ってしまいました。
それでも、庶民の飲み屋街ここにありといった風情で、また行きたいと思ってます。

一本のエンピツ。
ブログの名にふさわしい味わいのあるタッチで、滝田ゆうさんを思い出してしまいました。
また、寄らせていただきます。

dorunkonさんへ

ちぐさの跡地もマンションが建ってしまいました。
野毛界隈も無味無臭な町へと向かっているようです。
自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks