6月14日シアターX(カイ) 『アチャラカ荘の人々』

アチャラカ2

両国にあるシアターX(カイ)へ芝居をみにいった。
アチャラカ荘の人々
戦後から昭和40年代にかけて、東京の下町に実在したという
芸人たちが住んでいたアパートを舞台にしてにつくられた喜劇。
奇術師、腹話術師、浪曲師、ストリッパーなどいろんな
芸人たちのおかしな日常と
舞台の上での芸の場面とが
いったりきたりとダブルで楽しめた。
あっという間の2時間だった。

奇術師を演じた矢野陽子さんとは
20数年前、勤めていた会社で知り合った。
当時、撮影や仕事の進行とかのコーディネーターとして勤めながら、
声優や役者業もこなすというバイタリティのある人で
いつも明るい声で語り、いっしょに話してるだけで
なにか人をほっとさせる空気みたいのものが
矢野さんのまわりにはただよっていた。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
矢野陽子さん

亡くなったマルセ太郎さんとの芝居は
腹を抱えて笑った。





関連記事
  • 某日 柳橋

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks