7月18日 るみばあちゃん の 讃岐うどん。

るみばあちゃん
香川での取材2件め。
高松市内から空港に向かって20分くらい
クルマを走らせたところにある『池上製麺所』。
広い駐車場にクルマを停めて店の中へ入ると
ここのシンボルでもある『るみばあちゃん』が笑顔で迎えてくれた。

まだ開店前、若いお弟子さんたちとうどんを踏んでいるところだった。
午前10時になり、のれんがかかると
近隣の県外ナンバーのクルマがぞくぞくと入ってきて
あっというまに行列ができた。

メニュー
なんとシンプルな商品構成。
ここで修行した若者が地元に帰って店開きする
手書きの告知ポスターも貼ってあった。

るみばあちゃんのうどん
アツアツのうどん玉に、きざみネギをパラリとトッピング。
汁の入った容器のノブをシュッシュッシュッと3回押して、
箸でハフハフしながらズルッズルッとたぐって150円也。
製麺所だけあって、シコシコというよりも
柔らかくてモチモチした麺はうまかった。

片付けをしてると、すでにきょうの昼の分は完売になり閉店となった。
夕方には、また開店するとのこと。

るみばあちゃん、御年76歳。
お客さんとの写真にはだれにでも笑顔で応えていた。
いまは亡くなられた、
元国鉄の職員だったご主人と二人で、
リヤカーでうどん玉を売りながら始めた『池上製麺所』は
昨年、創業50周年を迎えた。



関連記事

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

tag : るみばあちゃん 池上製麺所

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。時々拝見させて頂いてマス。
たまたま最近、自然食品の宅配で
るみばあちゃん監修のさぬきうどんというのを食べて
「地元で食べたらさぞかし美味しいのだろうな・・・」と
思っていたので反応してしまいました(笑)
やはりホンモノは断然美味しそうです・・・。
前日記のドッペルゲンガーのお話も興味深いです。
やはり暑さのせいなんでしょうか・・・ね。

ロアトリエさんへ

シコシコというよりも
柔らかくてモチモチした麺はうまかったです。
なんといっても、だれとでも気さくに話し
いっしょに写真におさまる、るみばあちゃんの可愛さと
ここまで足を運んできて、食べておいしかったと
お客さんに言わせたいという麺づくりの姿勢を
いままでずっと崩さずにやってきたことが
人気の背景にあると感じました。


自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks