7月17日 小豆島

久しぶりの小豆島。
高校のとき以来、30数年ぶり。

小豆島といえば、オリーブ、そうめん、醤油。
この小さな島には醤油の醸造所が約20社もあり、
醤の里(ひしおのさと)として
古い醤油蔵を散策できるようになっている。
そのうちのひとつのY社が
オリーブ製品のメーカーでもあり、取材させてもらった。
日本でオリーブ栽培が始まって、ことしが100周年にあたる。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
のんべい横丁『紫水』常連のCMプロデューサーOさんの勤める
会社の社長のご実家がここの醤油メーカーM社だ。


三太郎

昼ごはんは、
オリーブ公園の下の製麺所にから教わった『三太郎』という、うどん屋へ。
店内は地元の人らしきお客さんで混んでいたので、
隣の離れへ移動。
うだつのある古いしっかりとした蔵のような一軒家。
靴を脱ぎ、ひんやりとした上がり框を踏み中へ入ると
座敷の奥に縁側があり、庭にはコケの生えた手水(ちょうず)がみえる。
落着いた古民家だった。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
屋島断面
屋島の断面は屋島だった。

瀬戸内海の景観のみどころのひとつは多島美だ。
とくに高松から小豆島にかけては
陸とつながってるんじゃないかと思うくらい、小さな島が連なる。
海面は見てると、眠ってしまいそうになるくらい穏やかな流れだ。



関連記事

テーマ : 旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
横浜野毛と渋谷のんべい横丁を
ホームグランドとして酒場スケッチしています。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks