7月18日 和三盆

和三盆(わさんぼん)。
高松市内から瀬戸内の海を左側にみながら車で1時間ほどいくと
二百年続く、讃岐和三盆の老舗がある。
おもてなし0877
取材の始まる前、社長の友人からいつも届くという
地元で穫れた一番茶と和三盆でおもてなしを受けた。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
『和三盆づくり』
地元で穫れた、さとうきびを絞り
その汁を釜でアクをとりながら煮詰め、
桶に移し沈澱させたあとうわずみだけをさらに煮詰めて
かめで冷やして白下糖ができる。

わさんぼん3
この薄茶色の白下糖をこねる『研ぎ』の作業が始まる。
丹念にいくつかのこの研ぎという作業をくりかえすことで
砂糖の結晶が丸くなり糖蜜が抜けていく。
そのあとは作業場に棲む酵母が発酵を進めて
それを木型に入れて打菓子としてつくられ完成する。

口に含むと舌の上でさっと溶け
後を引かないやさしく温かい甘味というか旨味は
この職人たちの『研ぐ』という作業がひとつの決め手となる。
この道50年やってるという職人さんが
笑いながら、四角になった両手の親指の爪をみせてくれた。

愚直なまでに昔ながらの製法を守りながら
さとうきびを作る人、
和三盆づくりの職人、木型を彫る人、
いま、その人たちの生活を守ることが大切なんです。
どれかひとつでもかけたら
この和三盆はできません。
もし、この品質を維持できなくなったら
この店をたたみます。と
熱心に、謙虚に語っていただいた八代目になる社長自身も
和三盆そのものような純粋で誠実な方だった。

今回、同行した歌手のmikiさんも、
ここの和三盆づくりに感動し、
みやげとして三十箱以上、買った。



関連記事

テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
横浜野毛と渋谷のんべい横丁を
ホームグランドとしてのんべいな日々をスケッチしてます。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks