1月6日 キャノンギャラリー銀座

個展2

銀座のキャノンギャラリーで昨日から始まった
岩木登写真展「原生の鼓動」にでかけた。
ことし2009年のキャノンのカレンダーのために
写真家の岩木さんが
一年かけて、南八甲田を撮り歩いた写真の集大成だった。
そこには春夏秋冬いろんな姿をした南八甲田がある。
そこに棲む偉大ななにかが、
小さな一人のカメラマンを上から
じっと見据えてるような気配を感じる写真があった。

ま、なにが凄いって、ひとり野営をしながら
その環境の中に写真機を構えて立つことが凄い。
その写真家の姿を
被写体としてみたいとも思った。

オープニングパーティーとあって
写真をゆっくりみる余裕もないくらい人が集まった。
同時に、品川にあるキャノンのオープンギャラリーでも
岩木登写真展『源流の核-滝とゴルジュ』として
また銀座会場とは違う南八甲田が大判サイズの迫力で展示されていた。



関連記事

テーマ : 絵日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks