記録

3月11日(金)午後2時46分
烈しい揺れ。
仕事場のあるビルの3階にいた。
積み上げていた資料がバッサバッサ落ちる。
とうとうきた…、
デスクの下へもぐる。
いままで体験したことのない恐怖。
しばらく続く余震に耐えられず、外へ出た。
歩いていても地面の揺れを感じる。
建設中のビルの上のクレーンもゆっくりゆれている。
渋谷の町は人がいっぱい、
中にはヘルメットをかぶった人も。
私鉄、地下鉄、JRなど交通機関が全部ストップ。
渋谷駅の構内は立ち入り禁止。
夜を明かす覚悟でのんべい横丁へ避難。
やっと動き出した東横線、午前1時30分に渋谷を出る。
馬車道駅から自宅まで歩く。
着いたのが午前4時前。

。。。。。。。。。。。。。。。
3月12日(土)

テレビは朝から
現実とは思えない酷い、哀しい光景。

午後、山下OKストアへ。
もしかしての予想通り
いつもこの時間 いっぱいの食パンがない。
パン類がひとつもない。
水のコーナーにもなにもない、
また乾電池もない。
帰りにマイカル本牧へ寄ってみるも同じ状況。

。。。。。。。。。。。。。。。
3月13日(日)
昨日につづき
t何度も何度もくりかえす
哀しい光景。

ガソリンスタンドは行列が始まった。
初めて聞く輪番停電、決定。

。。。。。。。。。。。。。。。
3月14日(月)
朝から自宅前の狭い道に
ふだんはありえないことが
小さなガソリンスタンドに給油待ちの列が
通行の妨げになってる。
渋滞にしびれを切らした人の罵声が飛び交う。
(その罵声に同感)
警官が来てやっと沈静化。
自宅を10時に出る。
根岸線が蒲田以西は止まっているために
市営地下鉄の駅まで歩き横浜へ。
東横線で渋谷へ。
仕事場到着、午後0時。
蛍光灯を20本くらい外した。
いままで意味なく
明るかったことがよくわかる。

仕事中に
一瞬、何台かのauの警戒音がいっせいに流れた。

。。。。。。。。。。。。。。。
3月17日
震災後、ずっと連絡がとれず
テレビ、新聞の安否情報、171などでも確認できなかった
宮城県栗原市に住む叔父が
元気で自宅にいることが確認できた。







関連記事

テーマ : 本日の日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

返信

たしかに人それぞれ背負ってる事情が違えば
行動もそれぞれ違いますね。
みんなどこか気持ちのバランスみたいなものが
少しだけ崩れた瞬間があって
自分の目線でしか判断できなかったりしますね。
私も気をつけます。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
横浜野毛と渋谷のんべい横丁を
ホームグランドとしてのんべいな日々をスケッチしてます。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks