渋谷「桃と蓮」 よっちゃん

なにのむ

青山通り沿いの山田帽子店を明治通り方面に降りたところに
ゆっくりと落ち着ける呑み屋がある。「桃と蓮」
そこのマスターのよっちゃん。
元々はグラフィックデザイナー。

10年前に、六本木にあった某広告事務所で知り合った。
初めて会った日に、二人で深夜まで呑みながら話してると
30代の頃から、隠れ家のようなバー感覚の店をつくるのが夢なんだ、
と聞かされた。

自分なりに図面を描き、
メニューを家族に試作してふるまったりしながら
その思いをずっと温め続けていた。

やっと念願叶って、昨年月「桃と蓮」をオープン!
(彼の顔はみなくても思い出しながら描ける)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
彼が店を開くにあたって場所を探してるある日、
たまたま私の会社の近所の喫茶店でお茶した後、
いっしょに歩いてると
あるビルの1階に入居者募集のビラが貼ってあった。
当時、そこは住居としての募集だった。
不動産屋に電話して事情を話した。
そこから話はトントンと進み、
元の2LDKの住居がリニューアル、
『桃と蓮』がオープンした。





関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : 桃と蓮

コメントの投稿

非公開コメント

ものすごく似てる!
セリフがまたイイ感じです!
このまま、ずっと続けてくださいね。

はい。継続は力なり。です。

ズル

マスターのちょっと怖い感じ出てる。
それにしても、ともぞうさんはズルいっ!
人を肴にする前に、まずは自画像をブログに
載せるべきだと思うけど、どうですか皆さん。

koyaさん。
おっしゃるとおりです。
私も近いうちに描きます。
koyaさんも描かせてください。
自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks