1月吉日 渋谷のんべい横丁

横丁

あと30分、いや20分ぐらいか…、
仕事を終えて渋谷駅へ向かう途中
終電までの時間、どのくらい呑めるか…。
気持ちとしてはたとえ10分でもいいから
そこで呑みたい、という思いにかられる。
とくに土、日と引きこもった明けの月曜日は
そんな思いがつよくなる。
さっさかとのんべい横丁へ。
ガラッと引き戸を開ける。
ママ、なじみの顔、が在る。
「一杯だけ呑みたい」
「雪の茅舎ある?」
「あるよ」
タコ胡瓜のお通しをつまみ
滞在時間15分くらいで腰を上げた。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

先日、写真家の佐伯義勝さんが亡くなられた。
交流はほとんどなかったけど
弟子のカメラマンの方たちとは
昨年まで食の仕事を7年くらい続けた。
その間、一度だけ撮影のことで相談するため、自宅を訪ねた。
打合せのあと
食の小道具がびっしりと収められた地下倉庫で
ひとつひとつ手に取りながら
思い出話をまじえて話してくれた。

年齢よりも10も20も若く感じるくらい元気で、
友人のような存在のレトリバーと
仲良く会話してるシーンが印象に残っている。
じつは、犬を飼いはじめた最初のきっかけは
ここでのレトリバーとの
出会いだった。

聞いた話しでは、最期まで病院のベッドで
カラーポジをチェックしていたそうです。
ご冥福をお祈りします。



関連記事

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : のんべい横丁

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
横浜『野毛』と渋谷『のんべい横丁』を
ホームグランドとして
のんべいな日々をスケッチしてます。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks