11月某日 渋谷 茶亭『羽當』

羽当

何年も前からずっと気になってた店があった。
渋谷から明治通りを原宿方向に向かって
東急インの斜め向かいあたりの路地を上がったところにある、
茶亭『羽當』。
店の前を通り過ぎるようになってほぼ10年。
やっと、重いドアを開けた。

間口は狭いけど、中へ入ると
右に長いカウンターがあり、
左の奥にL字型にゆったりとしたスペースが広がる。
漆喰の壁に、古材をつかったような棚板、柱、床が
落ち着いた雰囲気をつくってる。
ここが渋谷ということを忘れる。

相当古くから営業してるのかと思って、聞いてみると
始めて14年くらいという答え。

マスターらしき人が
ネルドリップを一滴入魂の体で、
ていねいにコーヒーをいれてくれた。

壁には、いろんなカップがずらりと並び、
それを眺めてるだけでも面白い。

チェーン店ばやりで、
いきたいと思う喫茶店がないこの頃、
ゆっくりとした時間が流れるいい店。

カップとサンド

コーヒーはもちろん。サンドイッチも旨し。
カップはその人に合わせて
店の人が選ぶということです。

俺にこのカップを選んだきっかけを
聞いてみたかった。
関連記事

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

tag : 羽當

コメントの投稿

非公開コメント

ガキがいない店

おー、うれしい名前が!
ガキのいない喫茶店は、ありがたいですね

好きな店のひとつです!

タイガーリリーさん、
『羽當』ご存知でしたか。
呑み屋にもいえますが、
ひとりふたりで入って、
静かにくつろげる店って、財産です。

昨夜、横浜野毛の『武蔵屋』いってきました。
近々アップします。
とにかく描く時間がつくれないこの頃です。
自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks