12月吉日 渋谷のんべい横丁『紫水』

紫水12

「ひさしぶりッ!」
引き戸がガラガラっと開いて
懐かしい顔がひょっこり飛び込んでくる。

この店に通って10数年、その間
定年退職した人、地方へ転勤になった人、故郷へ還った人、
遠方へ嫁いだ人、天国へ逝った人…、
それぞれの事情で常連の顔ぶれが少しづつ変わっていく。

この日、東京での生活に見切りをつけ
自然に囲まれた山の中にスタジオを設けた
iさんがやってきた。

久しぶりの元気な顔を
お互い見合いながら近況報告を肴に酒はすすむ。

もしこの店がなかったら
永遠に知らない同士だったかもしれない。
わずか2坪に5、6人が肩を寄せあって呑む
この小さな店
そんな幸運な出会いが、起こる。



関連記事

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : のんべい横丁 紫水

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks