8月吉日 エディさん(横浜野毛)

えでぃさん

野毛をぶらりと歩き
野毛小路のなじみの店の前を通りかかると
ガラス越しにtomoちゃんと目と目が合った。
一瞬フリーズし、催眠術をかけてるような
おいでおいでの手招きから逃げられず
吸い込まれるようにして店に入った。
カウンターの入口に近い席が
ひとつだけポツンと空いていた。

席に着き隣りをみると、
野毛中を照らすかのようなオーラを放つ御仁。
この人、どこかで見たことある…、
一瞬、お互いジッと見つめ合ってると
「どこかでお会いしましたっけ?」
と訊かれた。
(わかった、エディさんだ、と気づいた)

「いえ、私の方はもちろんエディさんを知ってますが」
エディさんは私のことは知らないはずです」

野毛を歩いてると
大柄で目立つエディさんとは
たまにすれ違うことがあるくらいで
いままで話したことは一度もなかった。

共通の知り合いの話や
来月の野毛での個展の話を聞いてもらって
スケッチ用に写真を一枚いいですかとお願いすると
親指を立ててGood!のポーズ。
「ベロベロに酔っぱらってるんで…」とおっしゃるわりには
同行されてた友人と社会について
冷静な落ち着いた口ぶりで話していた。
存在感たっぷりのエディ藩さん。


旧バラ荘のひとつ前、
野毛通信社(旧バラ荘)という名前で
KUNIKOさんが営んでいた頃の
エディ藩さんの動画。
http://www.youtube.com/watch?v=Ov8Sl2Ojl_Q

横浜ホンキートンクブルース
ここ最近のカラオケ課題曲です。
山崎ハコの横浜ホンキートンクブルースもいい。



関連記事

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : 山崎ハコ エディ藩

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks