12月31日 倉敷『Kappa Records』

くらしき

帰省初日。
久しぶりに弟と二人、えびす通りの居酒屋で吞んだ後の2軒め。
一番街を歩いてると昭和を見つけた。
ガラスの引き戸を開けて
「ここはなんなんですか?」と失礼ながら訊くと
「…、カ フ ェ …」少し間を置いてマスターのkappaさんが応えてくれた。
お酒も吞めるということで
とりあえずソファー席につく。
大晦日とあって他に客はいない店内に、常連が一人やってきた。
いっしょに話してるうちに弟とは同学年、しかも中学校はH中、
こちら兄弟はK中、
「○○○○、知っとる?」
「○○○○は○○○○の連れじゃけぇ…」
懐かしいローカル的ワル話になり、
いろんな名前が飛び交い、昔話に弾みがつく。
そこへぽつりぽつりと客がやってきて
井戸端サロンになった。
紅白にチャンネルをいっさい合わせることなく
井岡のボクシングをテレビ観戦しながら
倉敷の昔話を肴に吞む。
思いもかけない展開の大晦日の夜だった。

※弟の世代のK中は、割れてない窓ガラスなどなかったと云われたくらいの状況だった。


1231
10年くらい空き家だった老舗の和菓子屋を2年前にリフォームした『kappa records 』
マスターのkappaさん、ロックバンド カラカラを率いるミュージシャンで
地元のインディーズ系のミュージシャンのプロデュースもしている。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

0101
アイビースクエアの近くの骨董屋。
屋根を見上げると
鳩が群がるようにニッパーがひしめく。

関連記事

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
1本のエンピツと
紙きれがあれば、
人を描く。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks