根岸『鍵屋』 

(2007年5月の記事、スケッチをリニューアル)
かぎや
浅草での用件を終えた帰り、
かねてから下町の居酒屋探検をしようと話してた
koyaさんに声をかけ鴬谷へ。
目指すは一度いってみたいと思ってた『鍵屋』。
鴬谷駅から言問通りを渡った住宅街の一角にあった。

わくわくしながら引き戸を開けて入ると
すぐ目の前にカウンターがある。
大正元年築の建物を改装した設えは
長い年月に磨かれていい色合いになっている。
左は思ってたよりもずっと広い座敷きで

カウンター奥に腰を据えると目の前に年期の入った燗器が設えてあった。
とりあえずビールのあとは「桜正宗」を。
ぬる燗がうまいよと薦められて、ふだんは呑まない燗で。
この「桜正宗」横浜野毛の「武蔵屋」も同じ酒だよと聞き、
「えっ、私、野毛は庭のように呑んでます…」
こんなところでホームグランド野毛の話が出るとは思わなかった。

お通しは「大豆の煮びたし」、素朴。
「やきとり」と「煮奴」「たたみいわし」を注文。
どれも味付けがやさしい。
とくに「ウナギのくりから」といって
串にウナギをまきつけた塩焼きが旨かった。
くりからとは、龍が身をくねらせて昇天する意味とか。

女将さんが対応してくれてたけど
途中からご主人に交代。
寡黙な職人気質の方かと思ってたら、
気さくに話しかけてこられた。
ここの魅力は「武蔵屋」とおんなじで
ただ古い設えだけじゃなくて
ご主人をはじめ店の人のあったかいところ。
また、いい店は客層もいい。


にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村

自己紹介

いけだふみのり(池田史典)

Author:いけだふみのり(池田史典)
1本のエンピツがあれば、
人を描く。町を描く。

いままでの日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント

非公開コメント

トラックバック