渋谷のんべい横丁

入口
デビューしたのが30年前。
5、6人座れば満席の
わずか2坪の空間が約40軒。

紫
紫水
20年通ってるホームグランド。
ここでのいろんな出会いのおかげで
いまの自分がある。

たぬ
たぬ公
ホームグランド2。
のんべいオヤジと
のんべい美女の駆け込み寺。
マスターitaruさんの
来るもの拒まず、去る者追わず、
スタンスがいい。

えのき
えのき2
小料理屋の王道。
個性豊かな3人のママが日替わりで
迎えてくれる。

なだ
なだ一
chitoseさんが仕込んだ
京風の出汁に
ボリュームたっぷりのおでん種を
つつきながら日本酒、がいい。
兄ちゃんのまぐろ処からお通しがくる。

れん

バリ風、居酒屋。
大人たちの社交場。

みや
みや
ママ、miyaさんの
客との距離のとり方がいい。
京のおばんざいのような
家庭的な献立が揃ってる。

まぐろ
まぐろ処
三代続く横丁の老舗。
noriさんが築地で仕入れた刺身は
横丁No.1!

のがわ
野川
名物の半月を食べたのが30年前。
横丁デビューの思い出のある店。

カームス
calms
初代オーナー、シローちゃんの
グラスを磨くポーズ。

あみゅれっと
『Amulet-d ZENVI/アミュレット
ここの2階、隠れ家的癒し空間。
横丁にいることを忘れる。

とりきん
〈番外編〉
にゅう鳥金
横丁での吞みのあとのシメに。
または横丁へいく前の腹ごしらえに。

0310
のんべい横丁スケッチ』で画像検索するとスケッチがどっと表示されます。


関連記事

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : 紫水 たぬ公 まぐろ処 なだ一 アミュレット えのき みや 野川

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
横浜野毛と渋谷のんべい横丁を
ホームグランドとして酒場スケッチしています。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks